お尻をほぐして、正しい「あぐら」で座れる体を作る。
5つのヨガポーズで“反り腰”を改善!
代謝を上げるには夜の過ごし方が重要だった⁉︎
7つのヨガポーズで代謝をアップしよう!
体脂肪率25%以上なら、まずは速歩&筋トレ。
「太らない」糖質の摂り方の基礎知識。
「最低限これだけは!」という自宅トレ2種目。
酔った時に食べ過ぎを防ぐためにできること。
  • 公開:

「カラダを動かせば気持ちも変わる」伊澤一葉さんが鍛える理由

鍵盤奏者 伊澤一葉さん 鍛える理由

伊澤一葉(いざわ・いちよう)/1976年生まれの鍵盤奏者。2005年に〈東京事変〉、09年に〈ザ・ハイエイタス〉に加入する。ソロではaikoや米津玄師の楽曲にも参加し、22年にアルバム『アーパスのアトリエ』もリリース。〈ゴールドジム〉での筋トレ風景は〈東京事変〉のYouTubeチャンネルでも見ることができる。

筋トレに限らず、ラン、ヨガ、ピラティスや自分の好きなスポーツといったフィットネス。始めたい・習慣にしたいと思っても、なかなか一歩を踏み出せない人も少なくないはず。そこで、既に始めている先輩たちに聞いてみました「そもそもなんでトレーニーになったのか?」。今回は鍵盤奏者・伊澤一葉さんが鍛える理由。

たった30分で思考やマインドが変わる

筋トレを始めると人が変わる”。よく聞く言葉だが、具体的な変化とは?

その答えを言語化したのが、バンド〈東京事変〉のキーボード・伊澤一葉さん。ファンの間で“ここ数年で急にマッチョになった”と話題だ。

鍵盤奏者 伊澤一葉さん 鍛える理由

学生時代は帰宅部で運動とは無縁でした。筋トレを始めたきっかけは、僕が参加しているバンド〈ザ・ハイエイタス〉の2014年のツアー。

ヴォーカルの細美(武士)さんが本番前にダンベルを使ってワークアウトをし始めて。試しに僕も参加したら“体幹が整った演奏”ができたんです。これはいい趣味になりそうだと思いました」

その予感は的中し、今では〈ゴールドジム〉の常連になった伊澤さん。筋トレを通して何を得たのだろうか。

「鍛えるのが面倒な日はあります。でもジムへ行けばその後に達成感と良質な集中力を得られる。トレーニングを始めてから、たった30分で思考やマインドが変わることを知ったんです。

自分はわりとネガティブに考えがちですが、それは性格ではなく“そういう時間”なだけだと客観視することを教わった気がして。なんだか最近は前向きな時間が増えましたね」

取材・文/山梨幸輝 撮影/石渡朋 ヘア&メイク/大谷亮治

初出『Tarzan』No.872・2024年1月25日発売

Share

関連記事:

Share