顔のたるみ対策「舌トレ」で表情筋を鍛える。
良い悪いってどういうこと?「代謝の正体」を学ぶQ&A。
危険な血糖値スパイク。あなたは大丈夫?
ジムトレにまつわる基本的なQ&A。
オールアウトとは?自宅トレで限界に挑め!
寝る前のストレッチで、疲れを解消。
雨で走れない日は「インドア有酸素運動」。
肩甲骨の「クセ」を正して肩こりを改善!
  • 公開:

特集「背面を鍛えてカラダを変える」。11月24日(木)発売の雑誌『Tarzan』(No.846)

雑誌Tarzan/ターザン846号「背面を鍛えてカラダを変える」特集 表紙:Hey! Say! JUMP 知念侑李さん

『ターザン』846号(2022年11月24日発売)の特集は「背面を鍛えてカラダを変える」。背中強化で姿勢改善! ヒップアップで脚長に! 獲得すべき「背面力」にフォーカスした一冊。Hey! Say! JUMPの知念侑李さんの表紙が目印です。

Share

知念侑李。逞しすぎるその背中が雄弁に語る

バク転、バク宙はお手のもの。アクロバティックなアクションも涼しい顔。キレのいいダンスパフォーマンスでいつも我らを魅了する知念侑李は、Hey! Say! JUMPきっての運動神経の持ち主として誉高い。

今回、ターザンが掲げるトレーニングのお題は「カラダの背面」。背面の筋力なくしてあのパフォーマンスは成立しないはず、との思惑から表紙起用のオファーと相成った。

当日、撮影スタジオで上着を脱いだ瞬間、スタッフ一同ハッと息を呑んだ。露になったのは、広い肩幅隆起した僧帽筋逆三角形を絵に描いたような広背筋。知念侑李の背中は予想通り、広く、そして厚かった。

雑誌Tarzan/ターザン846号「背面を鍛えてカラダを変える」特集 表紙:Hey! Say! JUMP 知念侑李さん

雑誌『ターザン』846号(2022年11月24日発売)「背面を鍛えてカラダを変える」特集の表紙。特別定価730円。

服を着ている時の印象が一変する、まさに「脱いだらスゴい」の一言。もちろん、胸板の厚みや、引き締まった腹など前面の美しさは言うまでもないだろう。

期待を裏切らない仕上がりも、実は本人、筋トレする習慣はもともとなかったのだという。このカラダは、オファーを受けてから約1か月半で作り上げたというのだから驚くばかり。

3歳から始めた体操による筋肉の素地はあろうが、持ち前の研究熱心さとひたむきさで完成させた「語りだす肉体」。本人のお気に入りは、本誌中面の扉カット。その勇姿は、どうぞ誌面で確認してほしい。

今回、ライブの合間を縫って約1か月半のトレーニングでカラダを作りました。見えないから自分ではわからないんですけど、トレーナーさんから“背中おっきいですね”と言われて嬉しかったですね

撮影に向けて少しカラダを絞る必要性も感じて、人生で初めて食事のコントロールも取り入れました。カラダ作りって科学でもあるじゃないですか

常になんのために今これをやってるかと確認しながらいろんな人に意見を聞いて。新しいものを取り入れて、カラダが変わっていく実感を得られるのが楽しかったですね

(知念侑李さん=本誌より)

特集は「背面を鍛えてカラダを変える」

雑誌Tarzan/ターザン846号「背面を鍛えてカラダを変える」特集

あなたの後ろ姿をあなたは一生見ることはできない。でもあなたの体型やライフスタイルに重要な影響を及ぼしているのは、カラダの前面よりもむしろ背面の筋力だということを知っているだろうか。

不良姿勢、肩こりや腰痛、アンバランスな体型、伸び悩むスポーツパフォーマンスetc…。それらを改善するカギとなる背面筋。背面を鍛えるのは難しいと言われるが、今回ターザンはあえてその難題に挑む。

見た目や機能を強化する17の目的を網羅した「上半身&下半身の目的別背面トレーニング」、総勢22名の背面自慢たちがチャレンジした「背筋力選手権」、背面トレには欠かせない懸垂のノウハウを詳説した「パーフェクト懸垂ブック」、仕上げに最適な「三種の神器トレーニング」まで、充実の内容。

背面を鍛えれば、名実ともにカラダは変わる! 一冊まるごと背面の筋力強化に特化した渾身の一冊。ぜひお見逃しなく。

ページを一部ご紹介!

ターザン 846号 立ち読み画像 1

垂れたヒップや締まりのない二の腕、薄めの背筋。見た目だけの問題ではなく、腰痛や肩こり、四十肩といった機能面に関わるケースも。その原因は背面の鍛錬不足なのだ。(本誌P12掲載)

ターザン 846号 立ち読み画像 2

ざんねんな背面を自覚したら、解決のカギとなる筋肉の部位を知ろう。上半身から下半身まで、大きく分けて12か所ある。あなたが使えていない筋肉がわかったら、いざ実践へ!(本誌P14掲載)

ターザン 846号 立ち読み画像 3

自分では見られないため疎かにされがちだが、スポーツや日常動作のパワーの源の多くは、背面の筋肉にあり。バランスよく鍛えてこそ機能もワンランクアップできる。(本誌P16掲載)

ターザン 846号 立ち読み画像 4

上半身の悩みや不満を解消し、さらにボディの格上げを目指すなら、目的別に背面トレを行うのが効果的。週2~3回ペースで続ければ、4週間ほどで前向きな変化が表れるはず。(本誌P18掲載)

ターザン 846号 立ち読み画像 5

見栄えのいい背中と、使える背中は違うのか? スポーツ選手、お笑い芸人、プロレスラーにバレリーナまで。全22名の背中自慢たちが集結し、背筋を測定! いちばん強いのは?(本誌P32掲載)

ターザン 846号 立ち読み画像 5

土台となる下半身を整えると、カラダはより魅力的かつ快適になる。下半身の見た目&機能を整えるトレーニングを目的別に用意。まずは5大ルールを確認してから始めよう!(本誌P40掲載)

ターザン 846号 立ち読み画像 6

下半身の後ろ姿を残念にしてしまう垂れたお尻やX脚、O脚。ヒップアップなら、高い位置にある中臀筋に目を向けよう。X脚、O脚の改善には、股関節や爪先荷重の矯正が必要だ。(本誌P46掲載)

ターザン 846号 立ち読み画像 7

かつては身近だった懸垂も今は昔。実は正しいフォームで行うと、たったの1回が難しい。が、そこさえクリアすれば、背中を鍛錬することができる。その秘訣を徹底解説!(本誌P55掲載)

ターザン 846号 立ち読み画像 8

自体重だけでもカラダの裏側を鍛えることは十分可能だが、チューブ、ダンベル、ディップスタンドという「三種の神器」があれば、さらに効果的なことを知っておきたい。(本誌P72掲載)

ターザン 846号 立ち読み画像 10

いつもは地味なカラダの裏側。実は掘れば掘るほど奥深かった。肉を賭けた決死の懸垂、美背中&美尻の作り方、背番号、惚れる背中とは…。背面に関する興味深いコラムをお届け。(本誌P78掲載)

立ち読み動画もどうぞ!

予約/購入はこちらから

文/編集部

関連記事:

Share