自宅でプルプル二の腕を引き締める。
ジムで徹底的に「腕」を追い込んでみる。
「肩甲骨と背骨」を整えて、上半身トレを効率的に!
1日3回の簡単体操で「立ち姿勢」を正す。
「有酸素×筋トレ」のメソッドで免疫力アップ
代謝を上げるなら「大筋群と埋蔵筋」を鍛える!
女性だけじゃない。その不調、男性更年期かも?
筋トレ後のストレッチはこの3種目を!
  • 公開:

大規模スポーツイベントがミュンヘンで50年ぶりに開催!

ヨーロピアン・チャンピオンシップ・ミュンヘン2022

世界中からフィットネスの最新事情を集めた「WORLD FITNESS NEWS」、今回はドイツ・ミュンヘンで開催される『ヨーロピアン・チャンピオンシップ・ミュンヘン2022』についての話題をお伝えします。

Share

1972年の五輪以来。大規模スポーツイベントがミュンヘンで

ドイツ南部の大都市ミュンヘンで8月11日から21日まで『ヨーロピアン・チャンピオンシップ・ミュンヘン2022』が開催される。

ヨーロピアン・チャンピオンシップ・ミュンヘン2022

各種プログラムが楽しめ選手の真剣勝負に魅了される欧州版オリンピック。ドイツの人にとって家族で楽しめる今夏の目玉となりそうだ。www.munich2022.com Jack Thomas/Getty Images

これは2018年に第1回が開催された新しいスポーツイベントで、9つのスポーツで見られた“欧州選手権”を一つの総合競技大会としたもの。

陸上、自転車、卓球、ビーチバレー、トライアスロン、カヌースプリント、ボート、体操、スポーツクライミングの9種目で、欧州の36か国から集う4700人以上のアスリートがしのぎを削ることになる。

ヨーロピアン・チャンピオンシップ・ミュンヘン2022

München Marathon GmbH

また本大会の魅力はオリンピックパークでの無料コンサート一般参加の10kmマラソンなど豊富なプログラムを用意して、街を訪れた人に“観戦”も“体験”も楽しめる場作りをしているところ。

市民にとっては1972年の五輪以来の大規模スポーツイベント。長く語り継がれる、楽しい夏にしようとしているのだ。

Reporter

URAE YUMIKO/東京都出身、ベルリン在住。ヨーロッパ各地のライフスタイルやデザイン、アートに関する取材や執筆を行う。現在発酵食品にハマリ中。

edit: Takashi Osanai

初出『Tarzan』No.837・2022年7月7日発売

Share