鍛えられた肉体美を眺めて、自らを奮い立たせる。
肩甲骨の「クセ」を正して肩こりを改善!
痩せたいけど運動嫌い? なら“1日5分”の筋トレを。
代謝を上げるなら「大筋群と埋蔵筋」を鍛える!
雨で走れない日は「インドア有酸素運動」。
腹筋をまんべんなく刺激「リバースクランチ」。
3ステップで「骨盤が原因の腰痛」を改善。
カラダの背面を鍛えるなら、ブリッジはいかが?
  • 公開:

歩き方ひとつで下腹・脇腹が引き締まる、ウォーキングゆるトレ

歩く動作でひと絞り

お腹まわり(=浮き輪ゾーン)を絞ると聞いてパッと思いつくのがフッキン運動。でもこれ、未経験者にとっては意外と高ハードル。そこで提案したいのが“ゆる運動”。今回は歩く動作で簡単・手軽に浮き輪へアプローチできる“ゆる運動”を紹介。

Share

部位を意識すれば「ゆる運動」でもOK

「それほどハードなトレーニングじゃなくても、浮き輪ゾーンの筋肉を鍛え、緩やかに浮き輪ゾーンを解消していくことは十分可能です」そう話すのはトレーナーの神戸貴宏さんだ。

浮き輪ゾーンの贅肉とは?

浮き輪ゾーンの図説

浮き輪ゾーンとは、ヘソと左右の腰骨との間を中心に、腰まわりを贅肉が帯状にグルリと一周する部分(写真上の色で示した部分)。内部には内臓脂肪が溜まり、外側を皮下脂肪が腰まわりを一周するように囲み、溜まった体脂肪が、浮き輪をハメているように見えることから名付けた。

「浮き輪ゾーンの筋肉(詳しくはこちらの記事:壁さえあればどこでもできる「ウォールクライマー」|お腹まわりを絞る「ゆる運動」は日常動作においてあまり使われる機会がなく、ゆえに贅肉がつきやすい。逆に言えば、ちょっと部位を意識して動いてみるだけで簡単に刺激できるというわけです」(神戸さん)

そこで提案するのが「ゆる運動」。家にあるものを使った、ごく簡単な8種類の中から、今回は歩く動作をアレンジした「下腹・脇腹に効くウォーキング」3種類を紹介する

歩く動作でひと絞り

腕を頭上に上げたり、肩の高さで左右に広げると、自然と腰が引き上げられ背すじが伸びる。普段いかに猫背や反り腰で過ごしているかがわかる。

「その理屈を応用して歩いてみましょう。腕を真上に伸ばした状態でまっすぐ歩くと、自然と下腹に効いてきます。

膝を前から横に捻りながら横歩きをすると、捻りの動作を通じて脇腹が鍛えられ、脚を斜め後ろに出すバックウォークは下背に効く。公園など広い場所がおすすめです」(神戸さん)

バンザイウォーク(10歩)

ココに効く!:下腹

ここに効く 部位

やり方:

  1. 背すじを伸ばして立ち、両手を組み手のひらを頭の真上に向けたら、腕もまっすぐ上に伸ばす。
  2. その姿勢をキープしたまま10歩歩く。このとき腰を曲げたり反らさないよう意識すると下腹に効いてくる。

姿勢を維持するだけでも結構大変だけど、やる価値あり。

バンザイウォーク 歩く動作でひと絞り

サイドウォーク(5秒×左右各10歩)

ココに効く!:脇腹

ここに効く 部位

やり方:

  1. まっすぐ立ち、腕を肩の高さで左右に広げて左膝を前90度に上げる。
  2. 膝を内側に回す。
  3. 左足をカラダの右前に下ろす。
  4. 後ろにある右足を右にスライドさせ元の姿勢へ。
  5. 10歩進んだら、反対側も同様に行う。

この1歩に5秒かけるイメージで。一連の動きの間、腰から上は正面向きをキープ。

歩く動作でひと絞り サイドウォーク

バックウォーク(5秒×10歩)

ココに効く!:下背

ここに効く 部位

やり方:

  1. まっすぐ立ち、腕を肩の高さで左右に広げる。
  2. 左足を右後ろに持っていって大きく1歩。
  3. 続けて右足を左後ろに持っていって大きく1歩。
  4. これを1歩につき5秒数えながら10歩行う。

腕を肩の高さから下げたり、腰から上を捻らないよう注意しながらやってみて。

歩く動作でひと絞り バックウォーク

取材・文/黒田創 撮影/小川朋央 スタイリスト/ヤマウチショウゴ ヘア&メイク/天野誠吾 監修/神戸貴宏

初出『Tarzan』No.829・2022年3月10日発売

Share