糖質オフするなら餃子よりシューマイ。
「猫背」はストレッチ&筋トレでリセット。
まずは筋肥大しやすい部位TOP5から鍛えよう。
「動けるカラダ」になる高強度トレにチャレンジ!
マナーを守って、気持ちよくジムで鍛えよう!
骨盤を意識したウォーキングで腹を絞ろう。
“膝パカパカ”でヒップのサイドラインを整える。
低コスト・高タンパクな自炊の下ごしらえ法。
  • 公開:

ピッツァマルゲリータをおからパウダーでつくる糖質オフレシピ

糖質オフ ピザ の レシピ

血糖値スパイクを起こさないために「糖質量を1食40g以下」に収めて上手にコントロールしながら摂るのが、ゆるやかな糖質制限“ロカボ”の鉄則。主食など糖質が多い食材は、低糖質なものに置き換えるか、分量を減らし、その分、糖質少なめの代替食材でカサ増しを。糖質量は抑えつつも見た目のボリュームをキープできる。今回は「糖質オフ・ピッツァ・マルゲリータ」のレシピ。

Share

ピザ生地はおからパウダーで代用を

糖質オフ ピザ

小麦粉を使う市販のピザ生地は1枚で糖質50〜60gのものが多い。小麦粉は繫ぎ程度に減らし、おからパウダーを主材料にすることで糖質を30gほど減らせる。

ちなみにおからパウダーは植物性タンパク質食物繊維も補える優れもの。生地にたっぷり塗りたいソースは、トマト水煮を煮詰めて手作りすることで糖質をオフ。

材料(1人分)

  • [A]
    • おからパウダー…20g
    • 小麦粉…大さじ3
    • 卵…1個
    • 水…50mL
    • オリーブオイル…小さじ2
  • [B]
    • トマト水煮(カットタイプ)…150mL
    • 塩…小さじ1/3
    • 粗挽き黒コショウ…適量
  • モッツァレラチーズ…1個
  • ミニトマト…4個
  • バジル…適量
  • タバスコ…適量

〈作り方〉

  1. ボウルにピザ生地の材料[A]をすべて入れ、混ぜる。まとまったらオーブンシートを敷いた天板に乗せ、3mm厚程度にのばし広げ(ラフな形でよい)、強火で予熱したオーブンで縁が薄いきつね色になるまで15〜20分ほど焼く(オーブントースターの場合は10〜15分ほど)。
  2. 小鍋にトマトソースの材料[B]を入れて火にかけ、煮立ったら3分ほど煮詰める。
  3. 1)に(2)を塗ってスライスしたモッツァレラチーズとミニトマトを散らし、チーズが溶けるまでさらに5分ほど焼く。バジルを散らし、好みでタバスコを振る。

取材・文/小沢緑子 撮影/大嶋千尋 料理製作・スタイリング・栄養監修/美才治真澄(管理栄養士)

初出『Tarzan』No.822・2021年10月21日発売

Share