• 公開:

あの〈ゲオ〉が骨伝導ワイヤレスイヤホンを作った!? アクティブ派にアリな理由4つ

最近ウワサの骨伝導ワイヤレスイヤホンが、あの〈ゲオ〉からお手頃プライスで登場。耳をふさがないってそんなにいいの? と半信半疑なあなたに代わって、スポーツ万能な“骨出きくぞう君”が試してみた。

Share

骨伝導デビューするなら、〈ゲオ〉にお任せ!

ジムトレやランニング、仕事や家事の最中など、日常の中では、何かをしながら音楽を聴くシーンは多い。そんなとき、これまではイヤホンを使うのが一般的だったけれど、近年にわかに盛り上がりつつあるのが骨伝導ワイヤレスイヤホンだ。すでにどこかでウワサを耳にして、気になっているという人も多いはず。

何を隠そう、今回の主人公「骨出きくぞう君」もその1人。「いざ買うと高いし、こればっかりは試してみてからじゃないと手が出せないよな〜」と思っていたところ、〈ゲオ〉から発売された骨伝導ワイヤレスイヤホンGRFD-BCH200B300》を発見!

骨伝導ワイヤレスイヤホン

〈ゲオ〉と言えば、レンタルDVDやゲームの販売で知られる、あの〈ゲオ〉だ。近頃はお手頃価格のAV家電でも注目を集めていて、この《GRFD-BCH200B300》も、なんと2980円(税抜)とロープライス。しかも、公式オンラインストアから購入すると送料無料と、圧倒的なコストパフォーマンスを実現している。

価格も驚き
《GRFD-BCH200B300》は、ながら聞き専用として〈ゲオ〉が打ち出す骨伝導ワイヤレスイヤホン。Bluetooth5.0に対応し、最大連続再生は約7時間。ブラック、レッド、ブルーの3色展開。2,980円(税抜)/3,278円(税込)

「この値段なら、とりあえず買って試してみるのもありだよね」。きくぞう君は、慣れた手つきで購入ボタンをポチっ。自分のライフスタイルに合っているかどうかを確かめるべく、色々と試してみるつもりだ。

目指せ! “ながら聞き”の達人。

というわけで、早速届いた《GRFD-BCH200B300》を装着してみる。するとまず驚いたのが、その不思議な聞こえ方だ。

「周囲の音はいつも通りに聞こえるのに、音楽が頭の中に響いてくる感覚。 想像していたよりもしっかり聞こえるんだなぁ。骨伝導ワイヤレスイヤホン、やるじゃん!」

1/20
初めての骨伝導ワイヤレスイヤホンの聞き心地に驚くきくぞう君。
初めての骨伝導ワイヤレスイヤホンの聞き心地に驚くきくぞう君。
イヤホンの音の伝わり方
一般的なイヤホンが空気を振動させ、その空気が鼓膜を震わせることで聴覚神経に音を伝えるのに対し、骨伝導イヤホンは「骨を震わせる」ことで、鼓膜を通さずに聴覚神経へ音を伝える。

周囲の音も音楽も、どちらもバッチリ聞くことができるから、“ながら聴き”に最適、というワケなのだ。

早速きくぞう君は、普段から親しんでいるランニングやサイクリング、筋トレなどさまざまなシーンに《GRFD-BCH200B300》を取り入れてみることに。すると、アクティブ派にぴったりな理由が見えてきた!

理由①:ラン中も車や自転車の気配に気付けるから安心!

サイクリングも安心
周囲の音も聞こえるから、ランニング中の装着も安心。

きくぞう君の1日は、朝のランニングから始まる。お気に入りのプレイリストを再生し、いつものコースをきっちり5周。走り出すと、その違いは歴然だ。通常のイヤホンでは気付きにくかった街の雑踏、近づく車や自転車の音、小鳥たちの朝の挨拶だってはっきりと聞き取れる。

「これなら急に車に抜かされて怖い思いをすることもないし、むしろ前もって避けることができるから安心だよね。いままでのイヤホンだと、車が来そうなところはボリュームを下げたり再生を一時停止したりしていたけど、音量調整の手間が必要ないのもシンプルでグッド! これだけ聞こえるなら、会話だって余裕だね」

理由②:サイクリングも音声案内で初めての場所へスイスイ!

サイクリングでも安心
※自治体によってはイヤホンの装着自体を禁止していることもあります。必ず事前に各都道府県の道路交通規則等を確認してください。

イヤホンなどの形態に関わらず、安全な運転に必要な音や声が聞こえない状態で自転車を運転することは、道路交通法で禁止されている。自転車通勤やサイクリング中に音楽を聴きたいのなら、耳を塞がず、環境音がすべて聞こえる骨伝導ワイヤレスイヤホンが適任だ。きくぞう君は、週末恒例のサイクリングで使ってみることに。

「爽やかな音楽を聴きながら自転車を漕ぐのは格別だなぁ。《GRFD-BCH200B300》は約7時間の連続再生が可能だから、バッテリーも心配いらず。調子が良いから、ずっと気になっていたカフェまで足を伸ばしてみようかな。ナビアプリの音声案内なら、いちいち画面を見なくても迷わないね

理由③:テレワークに使えるマイク付き。オンライン会議でも快適!

オンライン会議でも活躍するマイク付き。
オンライン会議でも活躍するマイク付き。

自宅でリモートワーク中のきくぞう君。《GRFD-BCH200B300》にはマイクも付いているので、電話はもちろん、今どきなオンライン会議でだって活躍してくれる。

「自然に会話できる感じがこれまでにはない感覚。普通のイヤホンは耳に合っていないと長時間の着用で痛くなったり聴き疲れしたりすることも多かったけど、骨伝導ワイヤレスイヤホンは慣れれば着用感もストレスが少ない気がする。これなら、この後のオンライン会議もいい感じで乗り切れそう!」

理由④:IPX4の防水性能で、ジムの運動中の汗もへっちゃら!

1/20
汗だくになるほど追い込んでも大丈夫、IPX4(生活防水)をクリア。
汗だくになるほど追い込んでも大丈夫、IPX4(生活防水)をクリア。
使ったあとはサッと水拭きでOK。
使ったあとはサッと水拭きでOK。

ジム用のイヤホンは、フィット感と防水性能が気になるところ。その点、《GRFD-BCH200B300》はイヤーフックタイプであることと、重さ約33gと軽量であることから、抜群のフィット感を発揮。防水性能に関してもIPX4(生活防水)をクリアしているので、汗だくになるほど追い込んでも大丈夫。使ったあとはサッと水拭きすれば、いつでも清潔に保つことが可能だ。

「激しく動いて汗だくになっても、ちゃんとフィットしてくれるからトレーニングに集中できるのが好印象。完全ワイヤレスタイプのイヤホンは外したときに無くす心配もあったけど、《GRFD-BCH200B300》は首にかけられるからそんな心配もなし。って、そもそも耳を塞いでないから外す必要もないか!」

《GRFD-BCH200B300》で、快適な“ながら”生活を!

たった「耳を塞がない」だけなのに、通常のイヤホンとは全く異なるメリットをもたらしてくれる骨伝導ワイヤレスイヤホン。仕組み上、音質こそ一般的なイヤホンにはかなわないが、音楽に集中することが目的ではなく、何かをしながら音楽も楽しみたいなら、《GRFD-BCH200B300》は、最も手軽で、最も効果的な選択肢と言える。

新商品こつ電灯ワイヤレスイヤホン

繰り返しになるが、価格は税抜2,980円。それで普段の生活がちょっと豊かに、そして便利になるのなら、試さない手はないのでは。この新しい感覚を、とにかく一度体験してみて!

INFORMATION

株式会社ゲオ

製品公式ページ

取材・文/石井良 イラストレーション/村林タカノブ

Share