雨で走れない日は「インドア有酸素運動」。
マナーを守って、気持ちよくジムで鍛えよう!
カラダの背面を鍛えるなら、ブリッジはいかが?
ダンベルを使いまくる王道19種目。
妊娠中にできる運動は?
X脚の改善なら、股関節をリセットすべし。
鍛えられた肉体美を眺めて、自らを奮い立たせる。
体脂肪率25%以上なら、まずは速歩&筋トレ。
  • 公開:

秋の体調管理で意識すべき「肺と潤い」の考え方(漢方薬剤師・鹿島絵里さん)

Share

漢方医学的視点からカラダづくりを応援する、漢方薬店kampo’s(カンポーズ)薬剤師・薬学博士の鹿島絵里です。

朝晩はぐっと気温が下がり、秋の気配を感じるようになりました。

二十四節気は白露。冷たい空気が植物の葉先に露を作る様子を表していますが、肺をつたって私たちのカラダにも季節の変化を知らせます。

さてこのですが、漢方ではまさに秋に意識すべき五臓です。漢方でいうところの肺は解剖学的な臓器としての肺だけでなく、以下のような役割も含めて考えます。

  • 呼吸
  • 皮膚にハリ、潤いを届ける
  • ウイルス、菌、アレルゲンなどから身を衛る

馴染みがないと違和感があるかもしれませんが、漢方の目線では肌美容と風邪対策は実は同じベクトルです。外敵からの最初のバリアと考えれば、もそして大腸も、全て同じ肺系に属するというのは理解しやすいですよね。

そんな肺系バリアを強化する鍵は「潤い」です。カサカサ乾燥の肌より、潤った肌の方が外からの異物に対してバリア機能が高いです。

乾燥の時期だから肌が粉吹いて…という状態は、ゲート全開で風邪のウイルスに「どうぞ私のカラダに侵入してください」と言っているようなもの。本格的な乾燥シーズンが来る前に、潤いを保持した肌を整えておきましょう。

未病を治すのが漢方です。

ちなみにお通じがカチカチ・コロコロ状態なのも、便秘だったりするのも、この肺系のSOSサインです。

美肌も風邪対策も腸活から!

秋は「潤い」を意識していきましょう。

INFORMATION

漢方薬店kampo’s:https://www.kampos2015.com/

オンラインショップ:https://kampos.thebase.in/

Instagram:@kampo_lab

Share