肩がガチガチなら、肩甲骨ほぐし。
「動けるカラダ」になる高強度トレにチャレンジ!
リンパマッサージで老廃物を優しく流す。
運動前後で脱水しないコツは?
低コスト・高タンパクな自炊の下ごしらえ法。
空腹でランニングした方が痩せやすい?
親子丼と牛丼、カロリーが低いのは?
カラダの背面を鍛えるなら、ブリッジはいかが?
  • 公開:

1日の摂取の参考に! トレーナーのリアルな食事例(マッスルデリ・瀧川みなみさん)

Share

こんにちは! マッスルデリ管理栄養士の瀧川みなみです。

日々ボディメイクを頑張っている人は、食事についてもできるだけ自炊しようとする方も多いと思いますが、実際にどんな食事をとったらいいか悩んだ経験はありませんか?

カラダづくりをする上で食事は大切ですが、実際のところボディメイクの専門家であるジムのトレーナーは、普段どんなものを食べているのでしょうか。

今回は、トレーナー資格を持つマッスルデリメンバーの、とある1日の食事について密着しました。

現役パーソナルトレーナーの1日の食事。

ボディデータ: 身長172cm/体重80kg

目標摂取カロリー:2,200kcal

トレーニングをする男性

朝食

  • 納豆ごはん
  • プロテイン

昼食

  • マッスルデリ(MAINTAIN)魚介のトマトパスタセット
デリプレート

間食

  • アイス
  • ギリシャヨーグルト(ブルーベリーソース)
  • トレーニング前:豆大福
  • トレーニング中:スポーツドリンク
  • トレーニング後:プロテイン

夕食

  • サバの味噌煮定食

上記1日分の食事の栄養成分値は以下の通りです。

エネルギー (kcal) タンパク質 (g) 脂質 (g) 糖質 (g)
2,184 146.4 53.0 240.2

カラダづくりをする上での食事ポイント。

納豆を持つ手

1日の食事について、実際に食事のポイントをインタビューしてみました。

——トレーニングの前に豆大福を食べるメリットがあれば教えてください。

「豆大福に限らず、トレーニング前には糖質多めで脂質が少ない和菓子でエネルギーを補給するのがオススメです。甘くて美味しいのでトレーニングのやる気アップにも繋がり一石二鳥です」

——カラダづくりを行う上で、気をつけている点はありますか。

「ストレスを溜めない為にも設定した栄養素内でできるだけ食べたい物を選ぶようにしています」

1日の食事例を見て、ご自身の目標摂取カロリーになるよう調整した上で取り入れられるものがあればトライしてみてください。

手軽に買える商品でも栄養バランスが良く満足感の高い食事を摂ることができるので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

INFORMATION

マッスルデリ:https://muscledeli.co.jp/

Share