• 公開:

“鍛えるシェフ”直伝の筋肉レシピ:海鮮玄米ミルフィーユ

自身もトレーニングを行う“鍛えるシェフ”直伝の料理を紹介する「美味い筋肉レシピ」シリーズ。今回は〈回転さかなや鮨 魚忠〉・小林康弘さんに教えてもらった「海鮮玄米ミルフィーユ」。

Share
教えてくれた人
〈回転さかなや鮨 魚忠〉・小林康弘さん
〈回転さかなや鮨 魚忠〉名古屋西店 店長・小林康弘さん/鮮魚店が展開する鮨屋の店長。旬のネタで握る鮨とともに、店のメニューに並ぶマッスルメニューやプロテインドリンクも人気。“まっする小林”としても知られる。

筋トレ歴約20年。ボディビル大会にも出場する〈回転さかなや鮨 魚忠 名古屋西店〉店長・小林康弘さんに教わるのは、トレーニングを頑張った後のご褒美!

「基本的に鮨ネタは高タンパク低脂質なものが多く、盛り合わせるだけでも筋トレメシに。今回はひとひねりして細切りにしてミルフィーユ状に仕上げました」

海鮮玄米ミルフィーユ

〈回転さかなや鮨 魚忠〉・小林康弘さん

材料(1人分)

  • マグロの赤身(刺し身用)…60g
  • サーモン(刺し身用)…60g
  • イカ(刺し身用)…60g
  • 錦糸卵(市販)…30g
  • キュウリ…1/2本
  • アボカド薄切り…1/2枚程度
  • イクラ…5〜6粒程度
  • 玄米ご飯(市販のパック)…60g
  • ワサビ(チューブ…)少々
  • 醬油…適量

作り方

  1. マグロ、サーモン、イカ、キュウリはすべて細切りにする。
  2. 皿の上に型(筒形の保存容器やお椀など何でも)を置く。玄米ご飯は温かいうちに型に入れ、手やスプーンで押しながら平たく詰める。
  3. 2に、マグロ、キュウリ、錦糸卵、サーモン、イカの順にミルフィーユ状に重ねながらしっかり詰めていく。
  4. 3の型を外す(保存容器やお椀などを型にした場合は逆さにして、崩れないように注意しながら型から外す)。
  5. アボカド、イクラを飾る。別器にワサビ、醬油を添える。

ポイント

〈回転さかなや鮨 魚忠〉・小林康弘さん
きれいに重ねるには型を使うのがラク。ご飯、具材の順にギュッと詰めていこう。
栄養ポイントはココ!

タンパク質とともに鉄分豊富なマグロ、貧血予防も期待されるビタミンDが多い鮭、また薬膳では血を補う食材とされるイカも摂れ、血液の質もUP。酸素運搬能力や運動パフォーマンスが上がる組み合わせです。(管理栄養士・河村玲子さん)

photos:Chihiro Oshima text:Noriko Ozawa nutrition supervision:Reiko Kawamura

初出『Tarzan』No.817・2021年8月26日発売

Share