• 公開:

“クラスターとマルト”を使い分け。筋トレ時の糖質補給術(松下▽さん)

Share

皆さん、こんにちは! 筋肉タレント/パーソナルトレーナー/スタイリッシュボディービルダーの松下▽(まつした・ぎゃくさんかっけい)です! 今回はトレーニング中の糖質補給源として代表的な二つのサプリメントをご紹介します!

サプリメント

トレーニング中は主に体内の筋グリコーゲンがエネルギーとして利用され、血糖値が下がります。血糖値が下がってしまうと時間またはセットを追うごとにパフォーマンスが著しく低下する、言い換えるとトレーニング強度が低下してしまいます。

筋肥大をさせるうえで、トレーニング中、トレーニング直後の糖質補給は必須です。減量中でさえ、しっかり摂りたいところ。

特徴によって糖質を使い分け。

  1. クラスターデキストリン
  2. マルトデキストリン

ざっくり言うと、、、マルトデキストリンはクラスターデキストリンよりも血糖値の上昇が超急激で、短時間で下降トレンドに切り替わります。一方、クラスターデキストリンはマルトデキストリンよりも血糖値の上昇が緩やかで、それを維持する時間が長いのが特徴。それぞれの特徴を踏まえ、用途を考察すると次のように結論付けられると思います。

  • 血糖値を保ちたいトレーニング中はクラスターデキストリン
  • 急速に糖質を補給したいトレーニング後はマルトデキストリン

僕の場合、30gずつ摂取しています。こちらの量に関しては筋肉量、トレーニング強度、トレーニング熟練度、前後の食事内容など、変数が多く断定できないため、自分に合う数字を推計して試してみてください。例えば体重があまりに増える(主に体脂肪によって)ようであれば、量を減らしてみるなどの調整をしてください。

代表的な摂取方法は2つ!

  • トレーニング中にBCAAなどのアミノ酸にクラスターデキストリンを加える
  • トレーニング後のプロテインにマルトデキストリンを加える

僕は、

  • クラスターデキストリン:グリコCCD
  • マルトデキストリン:粉飴

をチョイスしています。上の写真の通り大人買いです。

因みに、クラスターデキストリンはマルトデキストリンの3倍ほどの価格になることが多いです。トレ中もマルトデキストリンで代替してあげるのでも、どちらも摂らないよりは全然良いです。摂らないのとでは天と地の差があると思っています。予算が難しい方もご安心ください。

僕はデキストリンを忘れてトレーニングにきてしまった時はコーラで代替しています(笑)。これはオールドスクールな手法で、昔のボディビルダーは毎日のトレーニング中、トレーニング後にデフォルトでコーラを飲んでる人達もいたとか(笑)。

今回も、撮影協力は僕がパーソナルトレーナーを務めるパーソナルトレーニングジム「エステフィット自由が丘」でした! 僕がプロデュース&監修するエステフィット心斎橋(姉妹店)が6〜7月にオープンします! 僕も定期的に大阪へ行き、会員様のトレーニングを担当致します! ぜひ!

Instagramもよろしくお願いします!

「筋肉はカッコイイ▽」


Share