背中を広く厚くするなら、ロウイングがおすすめ。
お腹周りも絞れる“自宅ピラティス”にトライ。
腹直筋狙いで腹を割る自体重トレをマスターしよう。
まずは筋肥大しやすい部位TOP5から鍛えよう。
正しい体幹トレは「呼吸」から。
デスクワークで凝り固まった肩へ3ステップアプローチ。
代謝を上げるなら「大筋群と埋蔵筋」を鍛える!
肩がガチガチなら、肩甲骨ほぐし。
  • 公開:

松下▽が実践する「寝付きを改善する」2つの方法(松下▽さん)

Share

皆さん、こんにちは! 筋肉タレント/パーソナルトレーナー/スタイリッシュボディービルダーの松下▽(まつした・ぎゃくさんかっけい)です!

眠る犬

今回は寝付きを改善する2つの方法をお話しします! それぞれ解説します!

1. 就寝前に「メラトニン」というサプリメントを摂取する。

メラトニンは体内で生成されているホルモンです。日中、強い光を浴びるとメラトニンの分泌は減少し、夜に暗くなってくると分泌量が増えます。

メラトニンの分泌が増えると睡眠の準備が出来たと体が認識します。何らかの理由(ex.ベッドでスマホを見たりするなど)により、メラトニンがうまく分泌されないと、不眠症などの睡眠障害の原因となります。

分泌が十分でない場合、サプリで摂取することで身体を睡眠モードへ導きます。とってもリーズナブルに手に入るサプリです。

2. 就寝の2時間ほど前に入浴をする。

説明不要の王道な手法です。身体を温めて血流を促進することは筋疲労の回復にも有効です。また、毎日の生産性を上げるためにも貴重な時間になります。

僕は愛犬を連れてのモーニングの時間と夜に入浴する時間とで、やるべきタスクを再確認・処理しています。睡眠導入、筋疲労回復、生産性向上に寄与してくれる大変オススメな生活習慣です。

睡眠に悩みをお持ちの方は是非お試しください ! Instagramもよろしくお願い致します!

「筋肉はカッコイイ▽」


Share