CONDITIONING
2020.06.12

【感染予防の基本のキ】「手洗い」完全マニュアル

202006071250

病原体を“持ち込まない、持ち出さない、拡げない”。感染予防の3原則に徹するため、正しく理解したい手洗いについて改めて学ぼう。

ウイルスを「洗い流す」手洗いを

「他の感染対策の何倍も手洗いが大事と断言できます」と、東邦大学看護学部感染制御学研究室の小林寅喆教授は説く。

今、誰もが恐れる新型コロナウイルスは主に飛沫感染接触感染。いずれも汚染された手や飛沫を介しているケースが大半だ。

「ウイルスを洗い流すのが手洗いの目的です。石鹼を使うとベター。今回のようなウイルスが持つエンベロープという膜は、石鹼で洗うと溶かすことが期待できます」(小林教授)

手洗いの種類
皮膚には悪玉菌(通過菌)と善玉菌(常在菌)が棲息。医療現場で一般的な手術時手洗いは善玉菌まで除去するという。

感染予防商品を扱う〈メディコムジャパン〉メディカル事業部の石鞍信哉さんによれば、今までの手洗い習慣を改める必要があるそう。

「皮膚の上には常在菌が棲む層と"ばい菌"とされる一過性の細菌層の2層があります。手洗いには3種類の方法がありますが、今はさっと洗い流す"日常的手洗い"でなく、約30秒間洗い常在菌にもアプローチする"衛生的手洗い"を行うべきです」(石鞍さん)

「衛生的手洗い」を一から実践。

コロナ禍以前、食事前後やトイレの後に一般的だったのは前者だろう。だが今やるべきは間違いなく後者だ。今回はその方法を一から学びたい。

1/20
手の甲の洗い残しゾーン
正しい手洗い方法を復習。まずは「洗い残し頻発ゾーン」に注意することから。
手のひらの洗い残しゾーン

「食事前など、手を顔付近に近づける前は必ず手を洗うこと。外出した後は、家の中にウイルスを運び込まないよう、まず手を洗うことをルーティンにしましょう」(小林教授)

「衛生的手洗いは30秒ほどかけて丁寧に。また+aで、爪を短く切って手の衛生に配慮したり、手洗い後にハンドクリームなどで保湿して手荒れしないようケアできるとなおよしです」(石鞍さん)

1/20
手洗い方法その1
指輪や腕時計を外し、指先から手首まで流水で流してから石鹼を泡立てる。
手洗い方法その2
片手に取った泡を挟むようにして、両手を合わせて手のひらを十分にこする。
手洗い方法その3
指を組んで指の間をよくこすり合わせる。指全体に泡が行き渡るように意識。
手洗い方法その4
手のひらと手の甲を合わせて、手の甲を引き伸ばすようにしてこする。
手洗い方法その5
指先を洗う。爪を手のひらの上で引っかくように動かし爪に溜まった汚れをオフ。
手洗い方法その6
親指全体をこする。反対の手で親指を摑んで、その手をねじるように動かす。
手洗い方法その7
手首まで必ず洗う。反対の手で手首を摑んで、その手をねじるように動かす。
手洗い方法その8
流水で石鹼を十分にすすぐ。爪の間や指の間などすすぎ残しのないように。
手洗い方法その9
清潔なタオルかペーパータオルで手を拭く。他者とのタオルの共有は避ける。

洗い始めてから「しまった!」トラブル時の対処法。

四の五の言わず感染予防に手洗い! と張り切っても上の通りに洗えない"ピンチ"に直面することもあるだろう。でも動じるなかれ。どんな状況であれ手を洗うに越したことはない。その効果を十分に得るための対策を教えよう。

① 石鹸がない!

石鹸がない時の対処法
「手洗いしない状態で細菌が100万個あると仮定すると、15秒間水で洗えば1万個まで菌を減らせるという研究結果もあります」(小林教授)。流水で右の手順通りに洗おう。

② ハンカチがない!

ハンカチがない時の対処法
濡れた手は乾いた手に比べて細菌を伝播しやすい。「とはいえ汚れたもので手を拭くと、手洗いが台無しに」(石鞍さん)。脇の下など比較的汚れが少ない部分で拭くのがベター。

③ 捻るタイプの蛇口だった!

捻る蛇口の対処法
洗浄前の手で触れた蛇口に、手洗い後触れるのは避けたい。「ただし手洗い同様、30秒間蛇口を水で流すのは非現実的。手を拭いたペーパーをかませて水を止めましょう」(小林教授)。

取材・文/門上奈央 イラストレーション/中村知史 取材協力/小林寅喆(東邦大学看護学部感染制御学研究室教授)、石鞍信哉(メディコムジャパン)

初出『Tarzan』No.788・2020年5月28日発売

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。