• ランニングの意外な落とし穴。初心者は“ランナー肩コリ”に注意しよう
RUN
2020.04.01
promotion

ランニングの意外な落とし穴。初心者は“ランナー肩コリ”に注意しよう

マグネループ

ダイエットや運動不足を解消するためにランニングを始める。それ自体はいいことなのだが、健康のために走り出したら、今度はそれが原因で肩コリになるなんて可能性も。

初心者が陥りがちな「ランナー肩コリ」。

走り始めて日の浅い初心者ランナーはモチベーションの塊りだ。

走るたびに自分の変化に感動し、熱心に走ろうとする。だが、いままで運動習慣がなかったり、不十分だった生活を続けてきたカラダに、急に強い刺激が続けざまに加わると、あっさりケガを負うことがある。

トラブルは膝、足の裏や脛、腸脛靭帯など下半身に多発するが、実は肩に負担が集中してしまい、肩コリの重症化を招くことがある。そのため、ランニングを始めたことで逆に肩コリが起こったり、コリがひどくなったと訴える人が少なくない。

ピップアンケート
※ピップ株式会社調べ(過去1年にスポーツ実施者 n=5,348)
ピップアンケート
※ピップ株式会社調べ (上記調査で「肩のコリ・はり」「首のコリ・はり」と回答した方が対象)

アンケートをとってみると、ランニングだけではなく、スポーツを楽しむ人の約半数が肩や首のコリ、はりに悩んでいるという。

ピップアンケート
※ピップ株式会社調べ(週1回ランニング実施者 n=109)

他のアンケート結果では、84%ものランナーが肩コリを気にしているという報告さえあった。

ランナーのコリを磁気でほぐす。

本当は経験豊富な指導者について、正しいフォームを身に着けるべきところだが、少々ハードルが高い。フォームはおいおい走りながら修正していくにしても、とりあえずいま辛い肩コリを何とかしたい。

初心者ランナーや週末だけの週1ランナーに適した改善策はないものか?

マグネループ
ピップマグネループSPORTSの男性用サイズは、ブルーとブラックの2色展開。ともに、42~50cmでサイズ調整が可能。女性用はレッドとブラックの2色展開。サイズは34~42cmで調整可能。
管理医療機器 医療機器認証番号 301AGBZX00057000
[効果]装着部位のこり及び血行の改善

日本人の肩コリを見つめ続けてきたピップから、この春SPORTSタイプが新登場した。ピップマグネループSPORTSは34‐42cmと42‐50cmの長短2モデル。さらにシリーズ初の長さ調節機能が採用されていて、装着したまま激しく動いてもばたつかず、ぴったりフィットしてくれる。

1/20
マグネループ
写真左/42cm、写真右/50cmにした状態。ランニング中は短くすることで、バタつきを抑えられる。
マグネループ
首まわりの大きさに合わせて細かいサイズ調節が可能。ちょうどいい長さにすれば、ランニングフォームも妨げない。

長くすればVゾーンから見えることもなく、オフィスでも気にせず使えるから、デスクワークによる肩・首のコリ予防にも大きな力になってくれるはず。

マグネループ
シリコン素材のため、汗や水に強い。洗えるので、常に清潔な状態を保てる。

素材はシリコンだから汗、水に強いし、デリケートな肌にもやさしい。

筋肉がしなやかさを取り戻す。

磁力が血行を改善するらしいことは古くから注目されてきた。

リハビリテーションの現場では磁気治療器が広く使われているし、カラダの中を透視するMRIも磁力を応用した医療機器だ。磁力のカラダへの作用には未解明なことも少なくないが、磁力を受けている患部を撮影した画像を見ると、明らかに血行が改善し、皮膚温の上昇していることが見てとれる。

マグネループ
磁束密度150mTの磁気の力で、血行を改善し、肩・首のコリをほぐしてくれる。

血行がよくなれば、凝り固まった筋肉からの疲労物質の排出がスムーズになり、酸素をたっぷり含んだ新鮮な動脈血が流れ込む。筋肉はしなやかさを取り戻し、新たな一歩を力強く踏み出せるだろう。ただし、数量限定のため、お早めに。コリを感じているなら売り場に走れ!

INFORMATION

ピップマグネループSPORTS

www.magneloop.com/sports/

文/廣松正浩 撮影/大嶋千尋

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。