まずは筋肥大しやすい部位TOP5から鍛えよう。
筋トレ前のストレッチはこの4種目を!
女性の更年期症状を和らげるためにできること。
7つのヨガポーズで代謝をアップしよう!
良い悪いってどういうこと?「代謝の正体」を学ぶQ&A。
西川貴教さんが教える「腹を割るためのヒント」。
簡単体操で「正しい座り姿勢」に!
顔のたるみ対策「舌トレ」で表情筋を鍛える。
  • 公開:

オーディオトーンでぐっすり…。眠りを変えるヘッドバンド・デバイス

慢性的に睡眠時間が不足気味。睡眠時間は足りているのに日中に眠くなる。そんな悩みを解決してくれるかもしれないアイテムが、ヘルステック分野をリードする〈フィリップス〉から発売された。

《SmartSleep ディープスリープ ヘッドバンド》は、睡眠の質を高め、日中の活力を高めることを目的に開発されたもの。睡眠の状態の測定を行いながら、着用者が深い睡眠に入ると独自アルゴリズムによって耳元に柔らかいオーディオトーンを流し、深い眠りの時間を引き延ばしてくれるのだという。

SmartSleep ディープスリープ ヘッドバンド

睡眠にレム睡眠とノンレム睡眠があるのはよく聞く話だが、ノンレム睡眠はさらに3段階に分かれているそう。その中で睡眠の最も深い段階が深睡眠で、この時間が長いほど、カラダの回復が期待できる。深睡眠の時間が長くなるサポートをするのがヘッドバンドの役割ということだ。

SmartSleep ディープスリープ ヘッドバンド
専用アプリで睡眠の質をトラッキング。/アプリ『Sleep Mapper』との連携で、健康睡眠スコア、睡眠段階の推移、オーディオトーンの発生回数などをチェックできる。スコアは睡眠時間、深睡眠の時間、眠りに落ちるまでに要する時間、目覚めの回数などの計測値から評価される仕組みだ。

実際に試してみる。フィット感はソフトで、就寝時に気になることはない。オーディオトーンの音で目覚めることもなかった。スマホアプリに表示された健康睡眠スコアは、なんと100!? ただし深睡眠時のデバイスによるブースト効果が加算されたもの。深睡眠の時間はやや短いようなので、今夜もブーストしてもらおうかな?

Information

フィリップス・ジャパン

tel. 0120-479156

取材・文/神津文人 撮影/角戸菜摘

初出『Tarzan』No.779・2020年1月4日発売

Share
Share