• 「トライセプス・プッシュアップ」でTシャツの似合う二の腕に|キレイをつくる自宅トレvol.48
WOMAN
2020.08.02

「トライセプス・プッシュアップ」でTシャツの似合う二の腕に|キレイをつくる自宅トレvol.48

トライセプス・プッシュアップを行なっている様子

「キレイをつくる」をテーマに、自宅でできるさまざまな自体重トレーニングを紹介していく当企画。今回のターゲットは「ニの腕」。リモートワーク続きですっかり気がゆるみ、放置し続けた二の腕が気付けばタプタプ…。そうこうしている間にも夏は近づいてくる。思い立った今が、二の腕トレの始めどき!

両手で床を強くプッシュ!

今回のトレーニングは「トライセプス・プッシュアップ」。

床に四つん這いになり、胸の下で両手をクロス。肘を曲げて床に着いた状態から、両手で上半身を押し上げるトレーニングです。腕の裏側は普段の生活であまり使わない部位。眠っている筋肉を起こすことで日常的に刺激が入り、引き締まりやすくなります。

応用編は脚を後ろに伸ばし、腕立て伏せの姿勢になって同様の動きを。こちらはトレーニング上級者向きなので、基本編が完璧にマスターできたらトライしましょう。

基本編:トライセプス・プッシュアップ(膝つき)

1/20
トライセプス・プッシュアップ(膝つき)のやり方その1
床に四つん這いになり、両膝を若干後ろにずらす。胸の下で両腕をクロスして指先を外側に向け、両肘を曲げて床につく。
トライセプス・プッシュアップ(膝つき)のやり方その2
両手で床を押すイメージで、肘を伸ばす。腕の裏側を使っている意識を持つこと。これを20回。

応用編: トライセプス・プッシュアップ

1/20
トライセプス・プッシュアップのやり方その1
床に四つん這いになり、胸の下で両腕をクロス。両肘を曲げて床につき、指先を外側に向ける。両膝を伸ばして、つま先を立てる。
トライセプス・プッシュアップのやり方その2
頭からかかとを一直線にキープしたまま、両手で床を押し、両肘を伸ばす。これを20回。
教えてくれた人
羽田真弓さん
羽田真弓さん(はた・まゆみ)/1987年生まれ。パーソナルトレーナー。早稲田大学大学院修了。小学校2年生から新体操を始め、高校時代には東北大会個人総合優勝、インターハイ4位、国民体育大会4位などの成績をおさめる。早稲田大学大学院ではコーチングについて学び、新体操指導者として活動。心身の健康について興味を持ち、スポーツ業界へ。西麻布にあるプライベートジム〈デポルターレクラブ〉に所属後、現在は独立。Youtubeチャンネル『羽田ちゃんネル』でもエクササイズ情報を配信中。

取材・文/黒澤祐美 撮影/角戸菜摘

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。