• 史上最速の男・ボルトの電動キックボード、日本モビリティ市場に稲妻落とす!?
COLUMN
2019.12.23

史上最速の男・ボルトの電動キックボード、日本モビリティ市場に稲妻落とす!?

ウサイン・ボルト
ウサイン・ボルト/1986年生まれ。オリンピックでは3大会連続で100m走、200m走において金メダル獲得。100m走は9秒58、200m走は19秒19の世界記録を持つ。2017年現役引退。

新しいモビリティサービス、〈ボルト・モビリティ〉が日本に登場! ボルトってまさか…あのボルト?

その通り。オリンピックで8つの金メダルを獲得したウサイン・ボルトさん。“人類史上最速のスプリンター”と呼ばれた彼がモビリティサービスを行うメーカーの出資および共同創業者となり、日本でのサービス開始予告および電動キックボード《ボルト・チャリオット》の発表会を東京で行ったのである。

ボルト・チャリオット

同社はすでにアメリカ国内14か所とフランスのパリでサービスを展開しているが、今後日本にも拡大していくという。開始時期や具体的な形態は未定だというが、既に国内でも大学のキャンパスなどで実証実験を行っているそう。

ボルト・チャリオット
最高時速24.1km。ナンバーの取得で公道走行も可能!/《ボルト・チャリオット》は満充電時の最長走行距離55km、最高時速24.1km。総重量36kg。公道使用には原付免許とヘルメット、ナンバープレートやミラー、ウィンカーが必要となる。

「人々の移動を変えるという、自分の名が付いたモビリティにワクワクしている。この電動キックボードにはデザインから関わっていて、荷物も載せられるし誰でも乗りやすい。魅力的なマシンなんだ」

そう話すボルトさん。今後は《ボルト・ナノ》と名付けられた電気自動車の開発も進められるという。公道での扱いなどクリアするべき問題は多いものの、ボルトのロゴが街中で見られる日は、そう遠くないのかも。超期待!

取材・文/黒田創 撮影/鈴木大喜

初出『Tarzan』No.778・2019年12月19日発売

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。