• トレーニング中のプロテインがカラダに悪いってほんとですか?(30代男性)
FOOD
2019.12.26

トレーニング中のプロテインがカラダに悪いってほんとですか?(30代男性)

Unpis

読者から寄せられた質問に、『ターザン』が誇る一流トレーナーがズバリ回答! 筋トレ・ボディメイクの悩みには、日本体育大学体育学部准教授にして現役ボディビルダー、「バズーカ岡田」の異名でも知られる岡田隆先生が向き合います。

今回の質問

トレーニング中にプロテインを飲むのは肝臓に負担がかかると聞きましたが、本当でしょうか? あと、トレーニング前に炭水化物と一緒にプロテインを摂取するというのはあまり良くないのでしょうか?(30代男性)

そもそもトレーニング中ですから。

まず、プロテインといえども食べ物ですから、消化管できちんと消化されてから体内に吸収されるのが大原則です。

しかしトレーニング中は筋肉に血が回っていて、胃や腸といった消化管に血が回りにくい状態。要するに消化・吸収能力が落ちているんです。なので、肝臓への負担云々よりも、トレーニング中にプロテインを摂ること自体が非効率な行為だと知っておいてください。

あと、そもそも筋トレ自体が筋肉を分解して代謝する行為ですから、多かれ少なかれ肝臓には負担をかけているし、プロテインを分解するうえでも多少は負担になるでしょう。でもそれはあまり心配する必要はありません。

筋肉がすぐにアミノ酸を使えるように。

この場合、プロテインを消化管にちゃんと血が巡っているタイミング、つまりトレーニング前に摂った方がいいでしょうね。

プロテイン

きちんとプロテインを消化して アミノ酸となって吸収され、そのアミノ酸が血液に乗って細胞に取り込まれつつある状態にしておくと、トレーニングで動かされた筋肉が即座にそのアミノ酸を使うことができる。

僕たちビルダーが筋トレ前の食事を重視するのはそれが理由なんです。目安としてはトレーニング開始30分前がいいと思います。

結論、トレーニング後30分以内のプロテイン。

プロテインと一緒にあえて炭水化物を摂ることは、マストではありません。炭水化物は例えるならばガソリン。摂取した分をきちんと消費できなかったら、カラダに溜まりっぱなしになって余計な脂肪になるだけですから。もちろん、普通の食事で炭水化物を適量摂るのは問題ありません。

もし筋肉をしっかり付けたい場合は、筋肉がより作られやすいタイミング、つまりトレーニング前に加えて、トレーニング後30分以内にプロテインを摂るとより効果的ですよ。


※岡田先生に、あなたの筋トレ・ボディメイクに関する悩みを相談してみませんか? Twitterで『ターザン』の公式アカウント(@Tarzan_mag)をフォローのうえ、ハッシュタグ「#バズーカ岡田の筋トレ相談所」をつけて悩みや質問を投稿してください。


PROFILE
岡田隆
岡田隆/1980年、愛知県生まれ。日本体育大学体育学部准教授。柔道全日本男子チーム体力強化部門長、理学療法士。日本体育大学・同大学院卒業後、東京大学大学院へ。2016年リオ五輪男子柔道の全7階級メダル獲得に貢献。「バズーカ岡田」の異名で筋トレなどを各メディアで解説。現役ボディビルダーで16年日本社会人ボディビル選手権大会優勝。『栄養で筋肉を仕上げる! 無敵の筋トレ食』』など著書多数。

イラストレーション/Unpis 取材・文/黒田創

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

メンバーシッププログラムSTART! CLUB Tarzan