X脚の改善なら、股関節をリセットすべし。
冷えを感じたら、20の「温活」でポカポカ。
鍛えられた肉体美を眺めて、自らを奮い立たせる。
「ハンドツイスト」でくびれを作ろう!
3ステップで「骨盤が原因の腰痛」を改善。
ハイレベルな自体重トレで腹筋を割りに割る。
お腹周りも絞れる“自宅ピラティス”にトライ。
ハードに運動したいなら、HIIT上級編に挑戦だ!
  • 公開:

体脂肪率をキープする食事のコツは? 現役ビルダー監修、本気で鍛える人の食事の悩み相談室(9)

ジャガー佐藤さん/1979年生まれ。THINKフィットネスGGPサプリメント開発主任、ボディビルダー。2011〜2015年、日本クラス別ボディビル選手権優勝。2012〜2016年、日本ボディビル選手権連続入賞中で2016年は5位。

ジムで突撃取材を実施して、本気トレーニーたちの疑問を収集。素朴な悩みから超マニアックな質問まで、まとめてレジェンド・ビルダーに答えてもらいました。今回は、体脂肪率をキープする食事のコツについて。

Share

Q. 筋肉をバルクアップさせるというよりも競技力向上のためにトレーニングをしています。12〜13%の体脂肪率が、自分の中で一番しっくりくるので、これを維持したいと思っています。体脂肪率をキープする食事のコツを教えてください。(トレーニング歴1年・22歳・男性)

単純に体脂肪率をキープしたいだけなら、現在と同様の運動量、食事内容を継続すれば問題ないでしょう。

筋肉量アップのためにタンパク質の摂取量を増やすのなら、カロリーの収支を見直す必要があります。タンパク質量を増やした食生活をしばらく続け、体脂肪率が増えたら、脂質を少しカットするというやり方が実践しやすいでしょう。

取材・文/神津文人 撮影/大嶋千尋 撮影協力/ゴールドジム イースト東京

(初出『Tarzan』No.726・2017年9月14日)

Share