手軽なものから本格派まで。自宅ジム化に必要なギア一覧。
しゃがめない人は要注意。足首の柔軟性を取り戻そう。
長時間のPC作業の敵「巻き肩」をリセット。
お尻をほぐして、正しい「あぐら」で座れる体を作る。
筋トレ後のストレッチはこの3種目を!
雨で走れない日は「インドア有酸素運動」。
衰え知らずのバストをつくる!
膝に違和感を感じたら。やわらかい膝を手に入れる
  • 公開:

もう少し食べたい。ダイエットのお助けレシピ3つ

脳に入る情報の80%は視覚によるもの。舌やお腹だけではなく、視覚でも食事している人間にとり、食卓の賑やかさも食事の満足度を左右している。品数が多いと脳も納得して満たされやすいものだから、「もう少しだけ食べたい」と思ったら、一品追加して寂しさを紛らわそう。

こちらもチェック! 関連記事:

紹介するのはCDが1以下で1品50キロカロリー以下の副菜。カサ増しオールスターズとカップリングすると、ご飯茶碗1杯150gと合わせて1食500キロカロリー以内に収まる。しかも野菜、きのこ類、乳製品などからビタミンやミネラルといった必須の栄養素も摂れる。秒殺で作れるものばかりだからマスターして十八番に。

1. 舞茸のアンチョビ・クミンソテー

キノコ類はカサ増しレシピでも大人気

※材料や作り方は、「Instagramでもっと見る」からチェック!

2. 切り干し大根と香菜のソムタム

カロリー控えめ、ボリューム多め

※材料や作り方は、「Instagramでもっと見る」からチェック!

3. パセリとニンニクのおかか炒め

小鉢はダイエットを成功に導くカギ

※材料や作り方は、「Instagramでもっと見る」からチェック!

取材・文/井上健二 撮影/小川朋央 料理・スタイリング・栄養監修/美才治真澄(管理栄養士)

(初出『Tarzan』No.758・2019年2月7日発売)

Share
Share