お腹周りも絞れる“自宅ピラティス”にトライ。
肩がガチガチなら、肩甲骨ほぐし。
糖質オフするなら餃子よりシューマイ。
顔のたるみ対策「舌トレ」で表情筋を鍛える。
低コスト・高タンパクな自炊の下ごしらえ法。
はじめてHIITをするなら【初級編】を!
体脂肪率25%以上なら、まずは速歩&筋トレ。
ジムで徹底的に「腕」を追い込んでみる。
  • 公開:

翌日の筋肉痛予防に、運動後の下半身ストレッチ!|のびのび〜ストレッチ vol.11

朝晩は冷え込むようになってきたけど、ポカポカ陽気の日中はいまだスポーツが気持ちいい季節! でも運動した後にしっかりケアをしておかないと、筋肉痛で逆に翌日の活動量は目減りしてしまうかも。「のびのび〜ストレッチ」第11回は、「運動後」のストレッチ。3種目のストレッチで下半身を中心に伸ばして、翌日もアクティブに動けるカラダを準備しておこう。

Share

冬の足音が聞こえてきた今日この頃ですが、日の出ている日中はスポーツが気持ちいい! 今週末も何かしらのレジャースポーツをやろうと思っている。そんな皆さんのために、運動後の下半身ストレッチをご用意しました。

たとえボールを投げる・打つといったスポーツであっても、エネルギーは下半身から作られるもの。ゆえに下半身は疲労しやすく、お尻、ハムストリングス、腿前、ふくらはぎのストレッチはマスト。気合いを入れて運動した翌日には全身が筋肉痛、動きもニブけりゃ「運動当日だけ張り切って、普段は全然動かない人」になりかねない。

そんな人にならないためにも、クールダウンを兼ねた静的ストレッチで入念にほぐしていこう!

1. オンザニー・アンクルフレクション

(1)両脚を前後に半足分開いてしゃがむ。前の膝は立て、後ろの膝とつま先は床につけて、踵の上にお尻を乗せる。前の膝に両手を乗せ、背すじを伸ばす。

20181105rm_ND56983

(2)体重を前の脚にかけながら上体を前に倒し、前の脚のふくらはぎをストレッチ。前足の踵が浮かないよう注意。10秒キープ×左右1〜3セット。

20181105rm_ND56985

2. ハードラーズ・ストレッチ

(1)両脚を伸ばして床に座り、左膝を曲げ、踵をお尻につける。

20181105rm_ND56987

(2)カラダをゆっくり斜め右後ろに倒し、右肘を床につけて上体を支える。左脚の腿前が伸びているのを感じながら10秒キープ。逆も同様に行う。左右1〜3セット。

20181105rm_ND56990

3. シット&リーチ

(1)左脚をのばし、右脚を内側に曲げ、右の足首を左脚の膝下に入れて座る。

20181105rm_ND56992

(2)両手で下腿部を引きながら、ヘソを左ももに近づけるように前傾し、ハムストリングスをストレッチ。10秒キープ。逆脚も。これを左右1〜3セット。

20181105rm_ND56994

取材・文/黒澤祐美 撮影/小川朋央 ヘアメイク/村田真弓 スタイリスト/高島聖子 監修/坂詰真二

Share