• 吸収には“活きている酵素”が重要だった! 日本発のサプリメント〈SUPERFOOD NUTRIENTS〉
FOOD
2018.11.08
promotion

吸収には“活きている酵素”が重要だった! 日本発のサプリメント〈SUPERFOOD NUTRIENTS〉

20181030rm_5ND5307TOP

サプリの成分はしっかり消化、吸収できることが大切だ。それには不足しがちな酵素の補給を考える必要がある。〈スーパーフード ニュートリエンツ〉のサプリメント摂取の3ステップを学び、“活きた酵素”をサプリ生活に取り入れよう!

外食の多い多忙な現代人にとって、手頃な価格でカラダにうれしい成分をしっかり摂れるサプリメントはありがたい。だが、表示された目安量を一度に摂ったとき、人はそれを100%吸収、利用できるだろうか。これは少々怪しいところだ。

消化器の調子は日々変化する。調子がよければ成分を効率よく吸収してくれるだろうが、不調の日に同じことは期待しづらい。せっかく有用な成分を摂るのだから、消化、吸収しやすい組成であってほしいものだ。

ここに着目した新しいサプリメントブランドが登場した。それが〈スーパーフード ニュートリエンツ〉。世界的に有名なスーパードクターで内視鏡分野の権威、新谷弘実医師が日米約35万人の臨床で得た知見と日本の伝統食、アメリカの栄養学等の融合から生み出した、活きている酵素「新谷酵素」を採用した。

コンセプトは酵素を軸にした製品設計。厳選素材を麴菌で発酵させた抽出物や、酵素の豊富な食材からエキスを取り出し、他の有用成分とともに凝縮した「新谷酵素」。それにより各種有用成分の働きを最大化するまったく新しい概念のサプリ群だ。

20181030rm_superfood
スーパーフードなど自然の原材料を使用
体内に取り入れた人工物をカラダが異物として認識すると、摂り入れることなく排泄してしまう。この点に留意し、原材料は、発芽玄米や黒大豆、大豆胚芽など、自然由来成分の配合を高めることを最優先している。

酵素はカラダを支える最重要因子。ここがしっかり動かないと、どんなに大切なビタミン、ミネラルを補ってもカラダはエネルギーを生み出せない。つまり、生命活動がストップしてしまうにもかかわらず、年とともに体内での酵素の産生量は減る傾向にある。不足分は補う必要がある。

プレミアムエディションの素材は100%自然由来。遺伝子組み換え素材や合成保存料、合成着色料、合成香料も一切不使用。食塩は無添加でグルテンフリーだ。先端科学の力を活用し自然の力を最大化した。

〈スーパーフード ニュートリエンツ〉は従来品とは大違い。清浄な環境で作られ、加熱加工を要しないため、酵素活性を微塵も失っていない。

いま、なぜ酵素なのか? それは日本人の食卓が変化したからだ。かつて豊富な魚介を食べてきた私たちだったが、魚食と肉食の比率が平成18年に逆転し、いまや日本は肉食国となった。食の欧米化は進行し、カラダには重い負担がのしかかる。酵素への要求は増すばかりなのだ。


3ステップでサプリを摂取

新谷医師が追求し、練り上げた酵素名は「新谷酵素」(シンヤ・エンザイム)。これでカラダのコンディションを下支えしたうえで、酵素を助ける補酵素にあたるビタミンとミネラルを補給するのが方針だ。

〈スーパーフード ニュートリエンツ〉のマルチビタミンは性別、年代によって7種類に分かれる。女性向け、40代の女性向け、50代向けといった具合。女性は年代によりカラダのコンディションが変化し、不足しがちな栄養素も変わるからだ。

酵素、補酵素で足場を固め、その上に目的に合うサプリメントをトッピングするのが〈スーパーフード ニュートリエンツ〉の利用法だ。

20181030rm_3step_image
1/20

BASIC1[ 酵素 ]

20181030rm_5ND5307

右手前から《SHINYA ENZYME®ADVANCED》(30日分分包タイプ/1包6粒入り)発芽玄米や大豆胚芽などを麴菌で発酵させた酵素を凝縮。効率的に補給できる基本のサプリ5,200円。右奥《SHINYA ENZYME®PREMIUM》(30日分分包タイプ/1包7カプセル入り)アドバンスドの177.16%もの酵素を配合。活性を失っていない酵素を限界まで配合した、ブランドの頂点に立つフラッグシップモデル10,200円。分包タイプは、出張や旅行にも携行しやすい。ボトル右《SHINYA ENZYME®ADVANCED》(30日分ボトルタイプ)180粒4,800円。ボトル左《SHINYA ENZYME®PREMIUM》(30日分ボトルタイプ)210カプセル10,000円。

BASIC2[ ビタミン・ミネラル ]

20181030rm_5ND5233

右《MULTI VITAMIN WOMEN’S》12種類のビタミンに加え美容を考慮し、コラーゲン、エラスチンにプラセンタも加えた。90粒(30日分)3,800円。左《MULTI VITAMIN MEN’S》12種類のビタミンに加え、活力成分のマカ、スッポン粉末、栄養バランスに優れるスーパーフード、モリンガなども配合。90粒(30日分)3,800円。

BASIC2[ ビタミン・ミネラル ]

20181102rm_5ND5262

右《MULTI VITAMIN WOMEN’S 50+》スッキリしにくい年代のためにレスベラトロール、ナットウキナーゼ、ケルセチンなども配合。90粒(30日分)3,800円。左《MULTI VITAMIN WOMEN’S 40+》大豆イソフラボン、ローヤルゼリー、プラセンタなどの美容成分も配合。90粒(30日分)3,800円。

PLUS[ 目的別サプリ ]

20181030rm_5ND5226

右から《DOUBLE BLOCKER》5種類の分解酵素を含む新谷酵素をはじめ、イノシトール、ギムネマ、水溶性食物繊維なども配合。180粒(30日分)3,800円。《SMOOTH NIGHT》沖縄ねむり草とも呼ばれるクワンソウをはじめテアニン、グリシン、GABAなどを配合しカラダのリフレッシュを。90粒(30日分)3,500円。《POWER BOOSTER PREMIUM for MEN》身体リズムに関わるL-シトルリン、やる気に働きかけるムクナ豆、元気なカラダを目指しアカガウクルナなどを配合。150カプセル(30日分)8,800円。《ENERGY MAX PREMIUM》イミダゾールペプチド、高麗人参、スッポンなどで多忙な人を支える。60カプセル(30日分)10,000円。


エネルギッシュでありたい、スッキリしたい、リフレッシュしたいなど、サプリメントに抱く願望は人さまざま。配合成分名から個々の〈スーパーフード ニュートリエンツ〉が目指すことは想像できるだろう。

なかには耳慣れない成分もあるだろうが、それは内視鏡専門医の経験と知識からの判断によるものだ。

廉価で有用成分の配合量が多い製品は確かに魅力がある。だが、消化、吸収の効率に配慮することなく、ひたすら量を積み上げても、代謝しきれなかった分は排泄することになる。これは明らかにムダだ。大事なのは量ではなく質であり吸収率だ。適切なタイミングに厳選された良質なサプリメントを最適な量だけ摂る。それがサプリメントとの大人の付き合い方だ。


もっと詳しく知りたい酵素のQ&A

Q1. 体内で機能する酵素って何?

生命活動の根源にはタンパク質である酵素の働きがある。人の体内には5000種類以上の酵素が存在するといわれている。酵素が働き続ける限り、植物であれ動物であれ生き生きとしていられる。

だが、年を重ねると残念ながらその分泌量は減っていく。また、カラダのどこかで酵素を大量消費するようなことが起こると、他の部分でも不足するという報告もある。酵素の力をサポートするためには、補酵素であるビタミンとミネラルも同時に摂るのが賢明だ。

Q2. 毎日の食生活と酵素は関係あるの?

関係は大ありだ。欧米化したいまどきの食事は煮る、焼く、揚げるなど加熱調理が非常に多い。これでは食材に含まれる酵素は変性、失活してしまう。

一方、ひと昔前の日本人の食卓には季節の生野菜や生魚、果物に漬物、味噌などといった発酵食品が豊富だったから、意識せずとも自然に酵素も摂れていたし、そういう食生活にカラダが適応してきた。高度経済成長期以降の短期間でカラダが変化するとも思えない。日本人に合う食に戻すには酵素が一助となるだろう。

20181030rm_shokuseikatsu_henka

Q3. サプリと一緒に摂るのは有意義か?

飽食の現代では糖質、脂質、タンパク質の3大栄養素は努力しなくても摂れるが、ビタミン、ミネラルには努力が必要だし、自然の食材の栄養価が低下している以上、ここはサプリの出番だ。

さらにファイトケミカルと食物繊維も意識して補いたいが、すべての成分をきっちりカラダで受け止めるには、バランスのよい栄養補給が重要だ。栄養が豊かすぎるばかりに酵素を浪費しがちな現代の食生活に、厳選された酵素を組み合わせると食のバランスはきれいに整う。

20181030rm_kosoandsupple

Q4. 話題の「新谷酵素」とは?

これまで日米で約35万人を内視鏡で診察してきた新谷弘実医師は、臨床で得た豊富な知見から、若々しく健康的なカラダには、体内に酵素が十分に備わっていることが不可欠であることを見抜いた。

そこで、新谷医師は良質な酵素の補給がいつまでも健康でいられるための鍵になると考え、独自に酵素の研究を始めた。カラダのコンディションに悩みを持つ人には福音となるだろう。


問い合わせ先/スーパーフードラボ&ニュートリエンツ(TEL)0120-135-132。www.thesuperfoodlab.com/

取材・文/廣松正浩 撮影/小川朋央 スタイリスト/高島聖子
(初出『Tarzan』No.753・2018年11月8日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

雑誌『ターザン』753号