マナーを守って、気持ちよくジムで鍛えよう!
お腹周りも絞れる“自宅ピラティス”にトライ。
糖質オフの秘密兵器は、さつま芋とお豆です。
運動不足なら、この6種目で筋量低下にブレーキを。
正しい体幹トレは「呼吸」から。
肩がガチガチなら、肩甲骨ほぐし。
肩こり予防でアプローチすべきは肩“じゃない”。
代謝を上げるなら「大筋群と埋蔵筋」を鍛える!
  • 公開:

下腹を絞る「腰をくねくねさせるだけ」の骨盤一周体操

腰をくねくねさせるだけ 浮き輪ゾーン解消 ゆる運動

お腹まわり(=浮き輪ゾーン)を絞ると聞いてパッと思いつくのがフッキン運動。でもこれ、未経験者にとっては意外と高ハードル。そこで提案したいのが“ゆる運動”。フッキンほどキツくなく、下腹、脇腹、下背部と鍛え分けができる動きを8つ用意した。今回は骨盤を回して浮き輪ゾーン全方位にアプローチ可能な“ゆる運動”を紹介。

Share

部位を意識すれば「ゆる運動」でもOK

「それほどハードなトレーニングじゃなくても、浮き輪ゾーンの筋肉を鍛え、緩やかに浮き輪ゾーンを解消していくことは十分可能です」そう話すのはトレーナーの神戸貴宏さんだ。

浮き輪ゾーンの贅肉とは?

浮き輪ゾーンの図説

浮き輪ゾーンとは、ヘソと左右の腰骨との間を中心に、腰まわりを贅肉が帯状にグルリと一周する部分(写真上の色で示した部分)。内部には内臓脂肪が溜まり、外側を皮下脂肪が腰まわりを一周するように囲み、溜まった体脂肪が、浮き輪をハメているように見えることから名付けた。

「浮き輪ゾーンの筋肉(詳しくはこちらの記事:壁さえあればどこでもできる「ウォールクライマー」|お腹まわりを絞る「ゆる運動」は日常動作においてあまり使われる機会がなく、ゆえに贅肉がつきやすい。逆に言えば、ちょっと部位を意識して動いてみるだけで簡単に刺激できるというわけです」(神戸さん)

そこで提案するのが「ゆる運動」。家にあるものを使った、ごく簡単な8種類の中から、今回は腰をくねくね動かして浮き輪ゾーン全体に効かせる「骨盤一周体操」を紹介する

腰をくねくねさせるだけ

普通に腰を回すだけでもそれなりに浮き輪ゾーンのエクササイズになるけど、その際に膝を曲げ、腰をグイッと前に出すだけでより効いてくる。

「つまり骨盤を後傾させるのですが、このとき太腿の筋肉ではなく、下腹、脇腹、下背を使いましょう。その状態で腰を回すと、それぞれの部位がうまく刺激できます。ポイントは腰を出したときにお尻を締めず、股間を引き上げるイメージで行うこと。手順を守れば効果てきめん」(神戸さん)

骨盤一周体操(左右各2周×5回)

ココに効く!:下腹・脇腹・下背

ここに効く 部位

やり方:

  1. 腰に手を当ててやや前傾し、軽く膝を曲げる。
  2. 腰を前へ突き出す。
  3. 左後ろに尻を引く。
  4. 左回りで円を2周描く。
  5. 続けて同じ要領で右後ろに尻を引き、右回りで円を2周描く。
  6. 左右各2周を計5回繰り返す

腰だけを回すのがコツで、上半身と下半身が一緒に流れないように気をつけよう。

腰をくねくねさせるだけ 浮き輪ゾーン解消 ゆる運動

腰をくねくねさせるだけ 浮き輪ゾーン解消 ゆる運動

取材・文/黒田創 撮影/小川朋央 スタイリスト/ヤマウチショウゴ ヘア&メイク/天野誠吾 監修/神戸貴宏

初出『Tarzan』No.829・2022年3月10日発売

Share