• 寝違えた時の緊急マニュアル。なぜ? なに? どうすればいい?
CONDITIONING
2021.02.05

寝違えた時の緊急マニュアル。なぜ? なに? どうすればいい?

寝違え

目が覚めたら肩や首に痛みが出る“寝違え”。その原因は、筋肉のコンディション悪化にある。

ストレッチやマッサージは避ける!

寝違えが起きたということは、首や肩の周辺の筋肉が炎症や筋損傷を起こしている可能性が高い。痛みを我慢して周辺部位をマッサージしたり、ストレッチで強く伸ばすと、炎症や損傷が悪化する場合がある。

ついつい首や肩をゴリゴリとほぐしたくなるものだが控えよう。また、発症直後は温めることも避けたい。血流が良くなった結果、痛みが激しくなることがある。

① まずは、なるべく動かさずに楽な姿勢をキープ。

急性の痛みの場合、痛みのピークは24〜48時間で過ぎることがほとんど。まずは患部を冷やして安静にすることが大切だ。痛みが生じたり、患部周辺が緊張するような動きは極力避け、リラックスできる姿勢でおとなしくしていよう。

② 徐々に動かしていき血流を促進させる。

軽度の炎症であれば1〜2日もすれば、痛みが治まってくるはず。痛みが落ち着いてきたら、首や肩を回すなどの動的なストレッチを行い、血流を促して患部周辺の筋肉をほぐしつつ、栄養と酸素を届けよう。軽いマッサージも有効だ。

寝違え
首を回す/痛みが出ない範囲でゆっくりと首を回す。周辺の筋肉をリラックスさせ、こわばりを取るイメージで。激しく動かさないように注意。右回り10回、左回り10回を目安に。

③ ストレッチを習慣にし柔軟性を確保する。

痛みがほとんどなくなったら、周辺の筋肉をしっかりとストレッチ。筋肉の酷使とケア不足、柔軟性不足は、再び寝違えを起こすことにつながる。運動後や、長時間のデスクワークを行った後は、ストレッチをすることを習慣にしたい。

④ 動けなければ、安静を継続して冷やしながら様子を見る。

炎症が大きかったり、炎症部分が深部にある場合は、痛みが治まるのに時間がかかる。また、筋肉を損傷している可能性も考えられる。安静とアイシングを継続し、2〜3日しても強い痛みがあったり、首や肩が動かせないなら迷わず病院へ

寝違え
キネシオテープを貼る/首の後ろ、頸椎を挟むようにキネシオテープを貼ると、テープが筋肉の代わりになり、痛みが和らぐ。応急処置や、どうしても外せない用事があるときに有効な手段。

⑤ 痺れがあるときは、筋肉だけでなく神経も損傷している可能性大!

手や指先に痺れがある、手に力が入らない、手が冷たくなる、手に異常に汗をかくといった症状がある場合は、頸椎から上肢へと延びていく腕神経叢に何らかの障害が起きている可能性が高い。すぐに病院に行き、画像診断を受けるべし!

⑥ 痺れがなければ、筋肉を損傷している可能性がかなり高い。

寝違えが起こり、2〜3日の間、安静とアイシングを継続しても痛みがあり、かつ痺れがない場合は筋肉や関節を損傷している可能性が高い。病院に足を運んで、画像診断を受け、判断を仰ごう。そして、運動や食事など生活習慣の見直しも!


寝る姿勢はもちろん、疲労やストレスも原因に。

朝、目が覚めたとき、首の後ろや肩の周辺に痛みが出た経験がある人は、多いのではないだろうか。

寝違えは、骨折のように画像で捉えられるような変化がない。それゆえ原因となっている組織を完璧に特定するのは難しいのだが、起こった要因を探し当てることはできる。

睡眠中に不自然な姿勢が続き、一部の筋肉が血液の供給不足に陥った。負荷が大きい運動や労働を前日にしたことで筋肉が痙攣をした。頸椎の後ろの筋肉や関節包などに炎症が起きた。といったことが、いわゆる寝違えなのだが、それらを引き起こすのは、上肢の使い過ぎとケア不足、同じ姿勢の持続である場合が多い。

疲労や冷え、ストレスなどで筋肉が緊張したまま就寝すれば、寝違えを起こしやすいし、椅子やソファなどの寝返りをしにくい場所で寝れば、当然、目覚めたときに首や肩に痛みが出る可能性は高くなる。

また、運動不足や長時間のデスクワークが続くと、筋肉のコンディションが悪くなり、どこかのタイミングで寝違えを起こすこともある。

運動後はストレッチでケアをする、就寝前に入浴をしてカラダをリラックスさせる。これらを習慣にすれば、寝違えのリスクは軽減できるはずだ。

取材・文/神津文人 イラストレーション/コルシカ 取材協力/伊藤和憲(明治国際医療大学鍼灸学部教授)

初出『Tarzan』No.803・2021年1月28日発売

Special