井福俊太郎東京バレエ団・ソリスト
BLOG
身体と向き合う-バレエダンサーの365日-
BLOG
2020.12.05

はじめまして、バレエダンサー・井福俊太郎です!

はじめまして。バレエダンサーの井福俊太郎です。僕は「東京バレエ団」で働いている27歳です。

ポーズを決める井福さん
モーリス・ベジャール振付「ザ・カブキ」より“伴内”  Photo:Kiyonori Hasegawa

バレエダンサーは表現者であり、アスリートでもある。

ブログのタイトルにある通り、これからバレエダンサーという職業を少しでも皆さんに知っていただきたい。バレエダンサーという職業は、名前もまだまだ知名度が低いような気がします。

基本的に女性はバレリーナ、男性はバレエダンサーと呼ばれています。特に日本ではバレエを鑑賞した事がある人がまだまだ多いとは言えません。なのでなかなか、普段何をしているんだろう。と思う方が多いと思います。

バレエというのは舞台上で口では会話をせずカラダを使って、ストーリーを伝えます。なので、毎日繰り返される基礎練習からリハーサルまで想像以上にハード。カラダ作りは欠かせません。これからこのブログでは、バレエダンサーが行うトレーニングや身体のメンテナンスなどいろいろ書いていけたら良いなと思っています。

バレエダンサーも稽古場ではアスリートです。皆さんにも実践出来るようなトレーニングも紹介出来たらと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

Instagramもよろしくお願いいたします!


井福俊太郎
東京バレエ団・ソリスト
8歳よりバレエを始める。「東京バレエ学校」を卒業し、ポルトガルへ留学。伊のバレエ団を経て、2015年「東京バレエ団」に入団。

Special