• 「withB」からのアメフト復帰宣言。「昔必死で鍛えた自分から自信をもらっています」|筋肉図鑑 vol.22(タレント・コージ・トクダ)
COLUMN
2020.04.22

「withB」からのアメフト復帰宣言。「昔必死で鍛えた自分から自信をもらっています」|筋肉図鑑 vol.22(タレント・コージ・トクダ)

コージ・トクダ

トレーニングの軌跡を偽りなく物語るもの、それが筋肉だ。『筋肉図鑑』では、さまざまなトレーニーの筋肉の裏側に迫ります。第22回は〈ブルゾンちえみwithB〉で名を轟かせ、現在ソロ活動するコージ・トクダさん!

【今回の筋肉】コージ・トクダ
コージ・トクダ
身長182.0cm、体重81.4kg、体脂肪率15.5%、骨格筋量39.3kg。1987年生まれ。現在〈みらいふ福岡SUNS〉Xリーグ2部に所属。大学時代は法大アメフト部キャプテンを務め、大学日本一を決める甲子園ボウルでの優勝など数々の好成績を収める。

“withB”ことお笑いコンビ〈ブリリアン〉として活動していた頃も筋トレは日課でしたが、その内容は今とは違います。

以前は脱ぐことも仕事の一つだったので筋肥大が目的でした。2月にアメフト復帰宣言してから、動けるカラダになるべく体脂肪燃焼と心肺機能向上を狙ったメニューに励んでます。

コージ・トクダさんの【僧帽筋~上腕二頭筋】
コージ・トクダさんの【僧帽筋~上腕二頭筋】/なだらかな曲線が美しい。「僧帽筋はショルダーシュラッグ。二頭筋は上部・中部・下部に分けアームカールで強化!」。

具体的には週3でジムに通い、20分間有酸素運動をして、その後40分間はサーキットトレーニングに注力。機能性の向上が今の課題です。合間にアメフトで必要な僧帽筋などの筋トレも組み込みます。

また以前から興味があったEMSトレ(筋肉に電気刺激を与えるトレーニング)も始めました。

現役時代の“マッスルメモリー”があるため鍛え始めるとすぐにカラダが変わるので、力負けしないための筋量アップは今やらなくても大丈夫。そんな自信を、昔必死で鍛えた自分からもらってます。

コージ・トクダさんの【ヒラメ筋&腓腹筋】
コージ・トクダさんの【ヒラメ筋&腓腹筋】/「アメフトで必要な瞬発力を磨くべくふくらはぎの筋トレに励んでます」。サーキット中のボックスジャンプが効くそう。

鍛え始めたのは中3。兄貴が筋トレ後にプロテインを飲むのを見て「なんかかっこいい!」と思い、近所の公営ジムに通い始めました。高1でアメフトを始めてから引退するまで部活後にジムへ。

とにかく大きくなりたくて、世にある片仮名の名前のサプリは一通り飲んだなぁ(笑)。そんな時期を経て、プロテインとBCAAに落ち着きました。

コージ・トクダさんの【広背筋】
コージ・トクダさんの【広背筋】/アメフトで走り出す前、片手を地面について上体を支える姿勢をとるというコージさん。「その反復で培った筋肉の一つ」。

実は甘党で、有志を集めて〈スイーツ部〉を発足するほど。カラダを絞りたいので休部中ですが、以前糖質抜きをして頭が回らずフラフラになった経験から、糖質の大切さを実感。最近は食物繊維が豊富な玄米などを朝や昼に適量摂っています。

アメフト界を盛り上げるためにも、まずは試合で活躍できるよう練習を頑張ります。ただ僕が鍛える究極の目的は、快適に生きていくため。筋トレを習慣にした方が絶対素敵な人生を送れると僕は思います!

取材・文/門上奈央 撮影/角戸菜摘

初出『Tarzan』No.785・2020年4月9日発売

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。