• アクティブに! パワフルに! 14種の生薬を配合した青の〈ユンケル〉初登場
FOOD
2019.09.26
promotion

アクティブに! パワフルに! 14種の生薬を配合した青の〈ユンケル〉初登場

20190917rm_yunker02

運動にも、ビジネスにも。より活動的な人生を送りたい人のための“青”の新シリーズ《ユンケル黄帝ロイヤルプレミアム》が誕生した。

質の高い運動をしたい人に最適な〈ユンケル〉とは?

多忙な現役世代にとって運動できる機会は貴重だ。その限られた時間の価値を確かなものにしたい願いから、運動前にスポーツサプリを愛用する人は多い。

サプリだけではなく、仕事の疲労回復も兼ねて、スポーツ前にドリンク剤を選ぶ人も増えてきた。

「医薬品である〈ユンケル〉には、栄養を補い、体力を維持・増進する“滋養強壮”という効能があります」と話すのは佐々木雄亮氏(佐藤製薬営業推進部宣伝課)だ。

滋養強壮作用とは?

滋養とは食事で摂った栄養素を代謝し、必要な部位に送り届けること。その結果、カラダの弱っているところが回復し、強く、たくましくなることが強壮だ。英語で言うなら、Nutrition & Revitalization(栄養と再活性化)。

このvitalとは「元気な、生き生きとした」といったニュアンスで、樹木にたとえれば大地に根を力強く張り、自然から栄養を吸収し、大きく繁茂するのが滋養強壮の状態といえる(www.nissendo.com/helhapi/)。これを促す働きを持った生薬を組み合わせることで自然治癒力を高め、東洋医学は人の心身を癒やしてきたのだ。

日頃から身体パフォーマンスを気にする若い世代にとって、強い味方となるドリンク類はとくに気になるアイテムだ。

発売以来50余年、30種以上もの製品群からなる〈ユンケル〉もそのひとつ。質の高い運動をしたい人は、最適な一本をどう選んだらいいのだろうか?

「従来品とは異なり、身体パフォーマンスに着目した青の〈ユンケル〉が初登場しました」

いつもの練習、トレーニングはもとより、筋トレの負荷、回数を上げて追い込んだり、タイムを計測しながらのペース走など、高強度トレーニングに立ち向かう日には気合を入れたいもの。

青の〈ユンケル〉は、現在2製品が存在する。青のカテゴリーに新規編入された《ユンケル黄帝液プレミアム》には、アクティブへと導く11種の生薬が配合されている。一方、新発売の《ユンケル黄帝ロイヤルプレミアム》は、14種の生薬を配合しており、《ユンケル黄帝液プレミアム》よりもさらにアクティブへと導くことにこだわったワンランク上の青の〈ユンケル〉だ。

20190917rm_yunker01
左/ユンケル 黄帝液プレミアム
第2類医薬品。アクティブへと導く12種の厳選プレミアム生薬を配合した青の〈ユンケル〉。特にポイントとなる生薬「オウギ」は、マメ科キバナオウギまたはその他同属植物の根を乾燥させたもので、優れた強壮作用を有する。効能:滋養強壮。30mL 1,000円(希望小売価格)。
右/ユンケル 黄帝ロイヤルプレミアム
第2類医薬品。さらなるアクティブへと導く14種の厳選ロイヤルプレミアム生薬を配合したワンランク上の青の〈ユンケル〉。特にポイントとなる生薬は「モクテンリョウ」と「チンピ」。モクテンリョウは、マタタビ科マタタビの果実の虫えい(こぶ状の突起)。マタタビ特有のマタタビラクトンやアクチジンを含有しており、強壮作用や神経の機能を高める作用を有する。チンピはミカン科ウンシュウミカンの成熟した果皮を乾燥させたもので、芳香性健胃薬として用いられる。効能:滋養強壮。50mL1,800円(希望小売価格)。

「青の〈ユンケル〉を発売するにあたり、生薬の働きを分析し、アクティブへと導く生薬を強化配合しました」

さらに言えば、運動時にまさかのアクシデントやケガに見舞われるのは、集中力の低下する終盤に多い。最後まで運動の質を維持するためにも、いかに集中力をキープするかは重要なテーマだ。

20190917rm_yunker_03
普段のトレーニングや、ペース走、レースの日などに活用したい。

大事な場面で脳のエネルギー源である糖を含むスポーツドリンクやエナジードリンクを選ぶ人は少なくないが、こうした製品の中には糖やカフェインの多すぎるものも見かける。青の〈ユンケル〉は滋養強壮に効果をあらわす生薬配合で、糖やカフェイン、カロリーが少ないのもうれしい特長だ。

ビジネスの場でも飲みたい“攻め”の補給。

「身体パフォーマンスというのは、運動だけを想定しているのではありません。たとえばビジネスの場で重要なプレゼンテーションを行うなどという、集中力を高めたい場でも、自分の持っている力を発揮したいと思っている人は多くいるはずです」

スタミナドリンク、栄養ドリンクといえば疲れたビジネスパーソンを奮い立たせるためのもの、というイメージが強かった。だが、あくまでも青の〈ユンケル〉が目指すのは、これとはまったく異なり、疲れていなくても飲める、いわば“攻め”の補給だ。

「50余年の歴史を持つこれまでの〈ユンケル〉は、時代とともに変わるさまざまな疲れと向き合ってきました。これに対し、青の〈ユンケル〉は自分のスイッチを押し、本来できるはずのパフォーマンスを引き出すことに着目した、新世代の新しい〈ユンケル〉です」

問い合わせ先:

佐藤製薬 (TEL)03-5412-7393

https://www.yunker.jp/premium/

取材・文/廣松正浩 撮影/小川朋央 スタイリスト/高島聖子 ヘア&メイク/天野誠吾

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

Special