ダンベルを使いまくる王道19種目。
運動前後で脱水しないコツは?
まずは筋肥大しやすい部位TOP5から鍛えよう。
ダイエット中の外食のコツ。
【女性向け】6種の簡単筋トレで脂肪燃焼!
今日は公園の鉄棒で腹筋を鍛えよう!
代謝を上げるなら「大筋群と埋蔵筋」を鍛える!
骨盤の「クセ」を正して、腰痛を改善!
  • 公開:

膝が硬い? それなら先手必勝でほぐしまくれ!

膝は股関節と足首をつなぐ重要な役割を担う。正座ができなかったり痛みが出たり、トラブルが発生する前に十分なケアを。「姿勢や動きをやわらかくする」「関節内をやわらかく」「関節外をやわらかく」という目的別の3つのコンディショニングを紹介します。

Share

膝の「硬さ」は後々効いてくる。

立つだけで体重の1.1倍、歩くと2〜3倍、階段を下りると3〜4倍…。日々の動作で、膝にかかる負担はこれだけ増える。

膝は、骨盤や股関節と連動して働けなかったり、膝が外側に広がるO脚や内側に入るX脚などがあったりすると、ストレスは一層増えて硬さの原因に。放置すると痛みが出て、生活や運動に支障が出るケースも考えられる。

「膝関節は、地面の接地面としての足首と運動の起点となる股関節の中間。ここが硬くて動きが悪いと力の流れが遮断され、他の弱いところに思わぬトラブルが波及する恐れも」(理学療法士の三枝剛さん)。

膝の柔軟性、「左右差」をチェック!

初めに、膝にダメージを与える、バランスの悪い姿勢や動作をニュートラルに近づける。続いて関節の内部、関節周囲にもアプローチ。エクササイズは10回×1セット、ストレッチは呼吸を続けながら15〜20秒キープを目安に。毎日続けて、膝の柔軟性の左右差を縮めて正常化しよう。

・片足リーチ

190502_702_34

両脚を腰幅に開き、爪先を平行に揃えて立ち、両腕は胸で組む。上体をまっすぐに保ったまま、片足をできるだけ前に床で滑らせる。軸脚の踵を浮かさず、遠くへ行けるほど軸脚の膝の柔軟性が高い。左右に差がないかチェックする。

コンディショニングその1. 姿勢や動きをやわらかくする。

膝を硬化させない体重のかけ方、動き方を再確認できる(10回×1セット)。

・膝マル

膝マル

右サイドを下にして床で横向きに寝る。右肘を曲げて右手で頭を支え、左手は腰に添える。右脚をまっすぐ伸ばし、左膝を90度曲げて浮かせる。左膝で時計回りと反時計回りにそれぞれ大きな円を描く。左右を変えて同様に。

・膝バサミ

膝バサミ

床で仰向けになり、両膝を曲げて立てたら、間にミニボール(またはクッション)を挟む。両腕は胸で組む。膝でボールをギュッと潰すように力をかけたら、元に戻る。

・刑事スクワット

刑事スクワット

両脚を肩幅に開いて立ち、爪先と膝を少し外に向ける。両手を胸の前で合わせ、人差し指を伸ばしてくっつけ、他の指を握り合う。刑事が拳銃を構えるように両腕をできるだけ前に伸ばし、背中を丸めず、お尻を後ろへ引いて下ろし、元に戻る。

・片足リーチ

片足リーチ

チェックもエクササイズになる。両脚を腰幅に開き、爪先を平行に揃えて立ち、両腕は腰に添える。上体をまっすぐに保ったまま、片足をできるだけ前に床で滑らせる。左右を変えて同様に。やりやすい方を多めに行うと、やりにくい方もやりやすくなる。

コンディショニングその2. 関節内をやわらかく。

蝶番のような作りの膝関節を内側から滑らかに動かす(10回×1セット)。

・タオル潰しから膝上げ

タオル潰しから膝上げ

床に坐って左脚を伸ばし、膝下にバスタオルを筒状に丸めて横に置く。右膝を立て、両手を後ろについて上体を後傾。左足首を曲げて左脚でタオルを潰すように力をかけ、膝を伸ばしたまま右肩へ向けて斜めに脚を引き上げ、元に戻す。左右を変えて同様に。

・バンザイ膝倒し

バンザイ膝倒し

床で仰向けになり、腰幅に開いた両膝を曲げて立てる。バンザイをするように両腕をまっすぐ伸ばし、手のひらを上に向ける。背中を床につけたまま、左右交互に両膝を床に倒す。

コンディショニングその3. 関節外をやわらかく。

可動性と安定性を発揮する周囲の筋肉をストレッチでケア(10回×1セット)。

・イグアナストレッチ

イグアナストレッチ

左膝を床についてしゃがみ、右足を大股1歩分前に出す。両手を胸の真下で床につく。左45度のラインで両手をできるだけ遠くまで滑らせ、股関節まわりをストレッチ。呼吸をしながら15〜20秒保つ。左右を変えて同様に。

・膝つきブーメランストレッチ

膝つきブーメランストレッチ

左膝を床についてしゃがみ、右足を大股1歩分前に出す。両手を胸の真下で床についたら、上体を右側にひねり、右腕を床と垂直に上げ、右手を見る。次に右手を胸の真下につき、上体を左側にひねり、左腕を床と垂直に上げ、左手を見る。いずれも呼吸をしながら15〜20秒保つ。左右を変えて同様に。

Share