• 座りながらにしてカラダを活性化する、ヴィトラのマルチタスクチェア
COLUMN
2019.02.25

座りながらにしてカラダを活性化する、ヴィトラのマルチタスクチェア

190222-759-40

立位であれ座位であれ、ずっと同じ姿勢を続けるのは人間にとって苦しい。だから椅子に座っていても、座面の位置を変えたり足を上げ下げしたりしてカラダを動かすわけで、自然に重心が動くロッキングチェアみたいな椅子ならいいが、パソコン操作や会議には不向きだ。

もっとこう、自然な動きを促すような、仕事の場に合うシンプルな椅子はないか……と思っていたら、あった。

〈ヴィトラ〉の《Tip Ton》
単色で仕上げた一体成型の軽量プラスチック(ポリプロピレン)製のチェア、Tip Ton。

〈ヴィトラ〉の《Tip Ton》チェアは、脚部の先端に傾斜が施され、座ると前傾する形状の椅子。

デザインを担当した〈バーバー&オズガビー〉によれば、開発のきっかけは、公的機関から学校で使用する椅子のデザインの依頼を受けたことだったとか。

エドワード・バーバー&ジェイ・オズガビー
エドワード・バーバー&ジェイ・オズガビー/ともに1969年生まれ。イギリスのロイヤル・カレッジ・オブ・アートで建築とインテリアデザインを学び、96年にスタジオ〈バーバー&オズガビー〉設立。家具デザインから建築まで多岐にわたり活動。

「私たちはリサーチの過程で、学校で使われる椅子のデザインが長年まったく進化していないことに気づきました。教壇に向かう先生の講義を、生徒がただ静かに聴くという受動的な学習方法に合わせたものでなく、生徒が能動的に活動するための三次元的な動きが必要だと考えたのです。

そこで、〈ヴィトラ〉が携わっていたスイス連邦工科大学の研究プロジェクトの成果を応用することにしました。

それは、前方に傾斜する座り方が、背中や頸椎にかかる体重を分散し、体中の血液の循環を促す効果をもたらすというものです。カラダへの負担が軽減されるだけでなく、集中力や能率も高まるであろうと考えました」

〈ヴィトラ〉の《Tip Ton》
リサイクルできる。床置き4脚までのスタッキングも可能な、細部まで考え抜かれたデザイン。各30,000円、問い合わせ/Vitra (TEL)0120-924725

とはいえ、公共施設には複雑なメカニズムを持つオフィスチェアを大量に置けない。堅牢性と軽量性があり、スペースを取らず、大量生産もできる——そんな難題をクリアするため、「構造と素材を変え50点以上の試作品を作り、軽量でスタッキング可能な、プラスチック製の現在の形へと辿り着きました」。

実際に座ってみると、9度の絶妙な傾斜により、カラダの動きに合わせて重心が常に変化する感覚が実に心地よい。座りながらカラダを活性化させる。

それは明らかに思考や発想に影響を及ぼすだろう。一度、全員でこの椅子に座って会議してみたい。


※製品情報は全て掲載当時のものです。

取材・文/井出幸亮 撮影/阿部 健
(初出『Tarzan』No.759・2019年2月21日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

雑誌『ターザン』764号