肩こり予防でアプローチすべきは肩“じゃない”。
ジムで徹底的に「腕」を追い込んでみる。
ダイエット中の外食のコツ。
顔のたるみ対策「舌トレ」で表情筋を鍛える。
「ハンドツイスト」でくびれを作ろう!
【女性向け】6種の簡単筋トレでスタイルアップ!
まずは筋肥大しやすい部位TOP5から鍛えよう。
お腹周りも絞れる“自宅ピラティス”にトライ。
  • 公開:

小腹が減ったらレンジでスープ。スープ1杯で胃を満たし、体温を上げる

ダイエットに挑戦すべく、カロリーを意識した食生活を始めてみたはいいけれど、どうも毎日元気が出ない。その原因は、摂取エネルギーが急激に減ったせいばかりではない。内側からしっかり温める必要があるのだ。電子レンジで手軽にできる1人前のカップスープ、4つのレシピ。

Share

通常、食事をすると消化吸収のために食事性熱産生(DIT)というエネルギーが発生する。逆に言えば、消化管にものが入っていない状態では熱エネルギーが生じないので体温は低下する。そして季節は今まさに寒さのピーク。カラダの内側だけでなく、外側からの寒気も辛い。

元気が出ないのは、こうして体温が低い状態が続いているせいでもある。そんなときの強い味方は、カップを使ってレンチンでできる1人前スープ。温かく吸収のいいスープで胃を満たして体温アップを。

1. サラダチキンとピーラーキュウリのスープ

包丁不要。手軽にサッと出来上がる

具はほとんどが水分のキュウリと、ダイエッターの熱い支持を得るサラダチキンの無敵コンビ。包丁を使わずサクッと作って召し上がれ。※材料や作り方は、「Instagramでもっと見る」からチェック!

2. ソーセージとクレソンのトマトスープ

トマトとタバスコで、スイッチ温!

1本とはいえ、ソーセージを食す満足感はハンパない。トマトジュースにタバスコを加えて、1杯でカラダはポカポカ。※材料や作り方は、「Instagramでもっと見る」からチェック!

3. 揚げボールとセロリのミルクカレースープ

優しいカレー味の鉄板スープ

ミルクとカレーのみんな大好きマイルドテイストを、揚げボールがいい感じに吸い上げる。セロリの香りがアクセントに。※材料や作り方は、「Instagramでもっと見る」からチェック!

4. 丸ごとチーズオニオンスープ

玉ネギの甘さに思わずほっこり

小ぶりとはいえ、玉ネギを丸ごと1個。この使い切り感も満足をもたらす要因。とろけたチーズと相まって玉ネギの甘いこと甘いこと。※材料や作り方は、「Instagramでもっと見る」からチェック!

取材・文/石飛カノ 撮影/小川朋央 監修・料理・スタイリング/美才治真澄(管理栄養士)

(初出『Tarzan』No.758・2019年2月7日発売)

Share