妊娠中にできる運動は?
ジムで徹底的に「腕」を追い込んでみる。
【女性向け】6種の簡単筋トレで脂肪燃焼!
マナーを守って、気持ちよくジムで鍛えよう!
「猫背」はストレッチ&筋トレでリセット。
筋力アップを狙えるヨガポーズ4選。
目指せギャクサン!背中を鍛え上げる公園活用術。
リンパマッサージで老廃物を優しく流す。
  • 公開:

鍛えるシェフの筋肉レシピ:ミモザ風アスパラガス

ミモザ風アスパラガス

自身もトレーニングを行う“鍛えるシェフ”直伝の料理を紹介する「美味い筋肉レシピ」シリーズ。今回は〈Attivoアッティーボ〉オーナーシェフの坂川光平さんに教えてもらった「ミモザ風アスパラガス」。

〈Attivoアッティーボ〉オーナーシェフ 坂川光平さん

坂川光平さん

教えてくれた人

大学卒業後、品川〈アロマクラシコ〉、青山〈トラットリア シチリアーナ・ドンチッチョ〉を経て、元麻布〈アルヴェアーレ〉の料理長に。2022年独立し現店開店。

筋トレ+今も時々キックボクシングを楽しんでいる〈Attivo〉の坂川光平さん。野菜が主役!春のベジーなイタリアンを教わった。

濾した茹で卵をミモザの花のように散らし、サッとレモン風味のドレッシングをかけたアスパラガスは、「瑞々しさを楽しんでください。一緒に乗せたカリカリベーコンもいい味のアクセントに」。

ミモザ風アスパラガス

ミモザ風アスパラガス

材料(1人分)

  • グリーンアスパラガス(根元は切り落とし、皮の硬い部分はピーラーなどで剝く)…4本
  • 固茹で卵(水から入れて10分ほど茹でる)…2個
  • ベーコン(カットし、炒めてカリカリにする)…1/2枚
  • 黒コショウ…少々
  • [A]
    • ハチミツ…少々
    • おろしニンニク…少々
    • レモン汁…小さじ1
    • EXVオリーブ油…小さじ1強
  • イタリアンパセリ(ちぎる)…少々

作り方

  1. 固茹で卵は白身と黄身に分ける。それぞれザルに入れてヘラで押しながら細かく濾す。ドレッシングの材料(A)を混ぜ合わせる。
  2. 塩を加えた沸騰した湯(ともに分量外)に、アスパラガスを入れて湯茹でする。ザルにあけて水気を切る。 
  3. 器に2を並べ、1の白身と黄身をミモザの花のように乗せ、上からAのドレッシングをかける。黒コショウを振り、イタリアンパセリ、ベーコンを散らす。

ポイント

ミモザ風アスパラガス

黄身と白身は分け、それぞれザルに入れてヘラなどで押しながら細かく濾そう。

栄養ポイントはココ!

緑黄色野菜のアスパラガスはβ-カロテン豊富。アスパラギン酸の疲労回復効果も期待。茹で卵のタンパク増しも○。生の卵にはタンパク質分解酵素の働きを阻害する物質が含まれているので、トレ中は茹で卵のほうが吉。by管理栄養士 河村玲子さん

photos: Chihiro Oshima text: Noriko Ozawa nutrition supervision: Reiko Kawamura

初出『Tarzan』No.875・2024年3月7日発売

Share

関連記事:

Share