骨盤を意識したウォーキングで腹を絞ろう。
鍛えられた肉体美を眺めて、自らを奮い立たせる。
骨盤の「クセ」を正して、腰痛を改善!
西川貴教さんが教える「腹を割るためのヒント」。
寝る前のストレッチで、疲れを解消。
1日5分!サーキットトレで効率的なトレーニング。
肩がガチガチなら、肩甲骨ほぐし。
摂取カロリーの目安を把握しよう。
  • 公開:

鍛えるシェフの筋肉レシピ:にぎやか木の子と大麦のリゾット

にぎやか木の子と大麦のリゾット

自身もトレーニングを行う“鍛えるシェフ”直伝の料理を紹介する「美味い筋肉レシピ」シリーズ。今回は〈ダイタリア〉オーナーシェフ・佐藤大介さんに教えてもらった「にぎやか木の子と大麦のリゾット」。

〈ダイタリア〉 オーナーシェフ 佐藤大介さん 筋肉レシピ

佐藤大介さん

教えてくれた人

〈ダイタリア〉オーナーシェフ。学生時代にJリーグユースに属した後、プロの選手に。引退後イタリアを巡り、帰国して料理の道へ。26歳で独立。2019年にイタリアワインと料理が楽しめる現店開店。

元プロのサッカー選手だった〈ダイタリア〉の佐藤大介さん。“ワインが飲みたくなる高タンパクイタリアン”、今回は食欲の秋!も満足間違いなしの活力メシ

秋の味覚・きのこと大麦のリゾットは「きのこの風味と大麦の嚙みごたえのある食感が楽しめます。きのこは何種類もミックスして、口の中でにぎやかに広がる旨みをたっぷり味わってください」。

にぎやか木の子と大麦のリゾット

にぎやか木の子と大麦のリゾット

栄養成分は1人分で計算。

材料(1.5人分)

  • 数種類のきのこ(シイタケ、マッシュルーム、マイタケ、シメジ、生黒キクラゲ、クロアワビタケなど好みで)…合わせて2パック程度(200g)
  • 大麦ごはん…炊き上がりで150g(市販の大麦パックごはん可)※炊く場合は、大麦70g程度を炊飯。
  • 玉ネギ(みじん切りにする)…1/5個
  • バター…大さじ3+小さじ1
  • グラナパダーノ(すりおろす。粉チーズも可)…大さじ5
  • 牛乳…1カップ
  • パセリ(刻む)…適量
  • 塩・コショウ…各適量

作り方

  1. きのこを手で裂くか、包丁でスライスする。
  2. フライパンに玉ネギ、バターを入れて火にかける。玉ネギに火が通ったらきのこを加え、塩・コショウで味を調える。
  3. 2に大麦ごはん、牛乳を入れて熱しながらよくなじませる。牛乳と具材の一体感が出てきたら、火を止めてグラナパダーノを加え、手早く混ぜる。
  4. 皿に盛り、パセリ、コショウを振る。

ポイント

にぎやか木の子と大麦のリゾット 調理のポイント

牛乳を加えたら、具材とごはんがなじむよう、よく混ぜ合わせることも忘れずに。

栄養ポイントはココ!

きのこ、大麦ごはんとも食物繊維豊富で、この一品で1日の必要量の半分以上が摂れます。また、同じきのこでも種類で含まれる栄養素が違うため、MIXするのは○。食感もそれぞれ違うので、食の満足度もよりUPするはず。 by管理栄養士 河村玲子さん

photos: Chihiro Oshima text: Noriko Ozawa nutrition supervision: Reiko Kawamura

初出『Tarzan』No.865・2023年9月21日発売

Share

関連記事:

Share