代謝を上げるなら「大筋群と埋蔵筋」を鍛える!
ハンドスタンドで逞しい肩と腕を手に入れる。
真面目に学ぼう。大人のためのウンチ学。
運動前後で脱水しないコツは?
効率よく脂肪燃焼するためのバイクマシン攻略法。
筋トレ前のストレッチはこの4種目を!
バランスボールを使えば、腹筋群を網羅的に鍛えられる。
公園&階段を活用したHIITで全身の脂肪を燃やす。
  • 公開:

ダブルで発酵食品! 納豆冷や汁:腸に効く納豆レシピ

納豆冷や汁

タレと薬味をぐるぐる混ぜてご飯にON!以外にも、納豆の味わい方はさまざま。京都で納豆専門店を営む納豆料理研究家、夏見奈央子さんが考案した、腸も喜ぶ創作レシピをぜひご自宅で。今回は納豆×味噌のW発酵で、腸もいきいきすること間違いなしの納豆冷や汁のレシピを紹介。

納豆料理研究家 夏見奈央子

夏見奈央子さん

教えてくれた人

なつみ・なおこ/1992年生まれ。納豆料理研究家。調理師とフードコーディネーター、食生活アドバイザーの資格を持つ。京都・祇園四条にて〈納豆創作料理 夏豆〉を経営。著書は『納豆がもっと好きになる #感動の納豆レシピ』。

納豆冷や汁

納豆冷や汁

宮崎県の郷土料理の冷や汁と納豆の相性は抜群。納豆×味噌のW発酵で腸もいきいき。「食べる時に“冷やし”が足りないと感じたら氷を入れても。薬味もお好きなだけどうぞ」。

材料(2人分)

  • A
    • ひきわり納豆…1パック
    • サバ缶(汁ごと)…1缶
    • キュウリ(薄い輪切り)…1/3本
    • 大葉(千切り)…4枚
    • ミョウガ(千切り)…1個
  • 水…300ml
  • だしの素…小さじ1
  • 味噌、白すりゴマ…各大さじ1
  • 白いりゴマ…適量

作り方

  1. 鍋に水を入れて沸騰させ、だしの素を溶かす。火を止めて味噌を溶かし入れ、白すりごまを加えたら冷蔵庫で冷やす。
  2. 器に1を入れて[A]を盛り付ける。お好みで白いりゴマを振る。

取材・文/門上奈央 撮影/小川朋央 スタイリスト/高島聖子

初出『Tarzan』No.864・2023年9月7日発売

Share

関連記事:

Share