体幹を鍛えるとどんないいことがあるの?
衰え知らずのバストをつくる!
細マッチョになりたいない、短距離ラン!
割りづらい「腹筋の下部」にはこの2種目!
糖質オフの秘密兵器は、さつま芋とお豆です。
溜まった皮下脂肪は“6か月”で攻略しよう。
デスクワークで凝り固まった肩へ3ステップアプローチ。
運動前後で脱水しないコツは?
  • 公開:

特集「食事で腹を割る」。4月20日(木)発売の雑誌『Tarzan』(No.855)

雑誌Tarzan/ターザン855号「食事で腹を割る」特集の表紙 Travis Japan・松田元太

『ターザン』855号(2023年4月20日発売)の特集は「食事で腹を割る」。タイパ重視で腹を凹ますなら、運動より食事!「腹を割る食のアイデア10」を収録。Travis Japanの松田元太さんの表紙が目印です。

松田元太。2か月の食事改善&トレーニングで
人生初の割れた腹に

今年1月上旬。都内の某トレーニングジムには、これから始まる“腹割り”の日々にむけ、決意に満ちた力強い表情を見せる男が一人。そう、今回の特集で、雑誌『ターザン』が白羽の矢を立てた、Travis Japanの松田元太だ。

これまでの人生でお腹が割れていた経験はゼロでした」と語る通り、期待と、大きな不安も抱えながらスタートした奮闘記。果たして本番の撮影となる3月までに、思い描いたカラダを手に入れることができるのか…?

雑誌Tarzan/ターザン855号「食事で腹を割る」特集の表紙 Travis Japan・松田元太

雑誌『ターザン』855号(2023年4月20日発売)「食事で腹を割る」特集の表紙。特別定価730円。

いまこの表紙を見れば、そんな心配は無用だったようにも思える。美しいシックスパックと、それを際立たせるかのような大胸筋と三角筋のボリューム。均整のとれた美しいボディは、撮影当日に行った計測で、驚愕の体脂肪率4%を記録。

本誌8ページを使ってお届けしているのは、そんな松田元太の2か月トレーニング最終日の模様。一体彼は、この期間でどんなことに取り組んだのか。

インタビューではバッキバキのボディを手に入れて興奮冷めやらぬ松田元太の生の声と、実際に取り組んだ食事改善&トレーニングの内容も紹介する。夏までにお腹を絞りたいと思っているアナタには、モチベーション上がること間違いなしだ。

『Endless SHOCK』や『滝沢歌舞伎』に出させてもらっていた舞台期間中は、痩せてうっすら腹筋の面影が見えていたこともありますけど、ここまでバキバキになったのは人生で初めて

本当にいいきっかけをもらえてサイコーです! 普段口にするものは食品表示のラベルを見て買ったり、タンパク質量を管理したりするうちになんだか楽しくなってきて

実はそういうのが好きなんだなって自分でも初めて気づいたし、食事ですべてが変わるんだということも分かりました。みんなにもやってほしいですね。

カラダも絞れて体力もついてパフォーマンスは最高。ダンスのキレは自分の中で100点満点です!

(松田元太さん=本誌より)

特集は「食事で腹を割る」

ゴールデンウィーク直前、本格的な夏に向けて、気になってくるお腹をスッキリさせようと「腹」にフォーカスしたこちらの特集。

今年のテーマは、ズバリ「腹筋はキッチンで作られる」だ。

アメリカには”腹筋はキッチンで、お尻はジムで、胸は病院(美容外科)で作られる”という格言があり、かのアーノルド・シュワルツェネッガーも発信していたという逸話も。

腹を割るにはガシガシと筋トレに励むべきだと考えがちだが、実は最短コースは食事管理にあった。

そこで今回は、

  • おかず味噌汁
  • 3食コンビニ
  • アブラ断ち
  • レンチン
  • 缶詰
  • and more…

と、超具体的なメソッドでの、腹を凹ます食のアイデアの数々を提案。また、食事をサポートするちょっとした運動も、キッチンをイメージさせる狭小スペースでも行えるような、立ち&道具なしの楽しいエクササイズを提案。

その他、美腹筋23人にリサーチした「ワタシの腹割りメシ」や、公園でのエクササイズ、最終的に腹筋を更にキレイに仕上げたい人のための「フッキンカタログ」も用意。いま始めれば、夏までにビーチやプールで注目を集める割れた腹が手に入れられるはず。

ページを一部ご紹介!

雑誌Tarzan/ターザン855号「食事で腹を割る」特集誌面

キッチンで腹を割る?戸惑うのは至極当然。まずは「なぜ腹が割れないのか」「どうしたら腹が割れるのか」メカニズムを知ろう。さすれば「運動より食事」のワケが分かるはず。(本誌P12掲載)

雑誌Tarzan/ターザン855号「食事で腹を割る」特集誌面

腹を割るうえで最恐の敵は他ならぬ体脂肪。なかなかの難敵ゆえ、食事管理を徹底しながら運動も加えて勝率をアップさせる。両方頑張りすぎると続かないから、ゆるく攻めよう。(本誌P16掲載)

雑誌Tarzan/ターザン855号「食事で腹を割る」特集誌面

腹割りを成功させるカギは、一日3度の食事を戦略的に組み立てること。基本的な8つのルールに基づき、メニューや食材、調理法など、超具体的実践メソッドをどしどし紹介。(本誌P18掲載)

雑誌Tarzan/ターザン855号「食事で腹を割る」特集誌面

腹を割るために、調理中に“ながらでできるキッチンエクササイズの必修科目は2つ。立って腹筋に刺激を入れるスタンディングアブと、皮下脂肪を削る有酸素運動だけ!(本誌P30掲載)

雑誌Tarzan/ターザン855号「食事で腹を割る」特集誌面

トレーニングだけでプロポーションを保つことが難しいのはご存じの通り。タレントや歌手、アスリート、トレーナーなど、23人の腹自慢に、腹筋を作るための食事術を聞いた。(本誌P40掲載)

雑誌Tarzan/ターザン855号「食事で腹を割る」特集誌面

腹から脂肪の層がなくなり、腹筋がその姿を現したら、フッキントレーニングでその表情や陰影をさらに際立たせたい。部位別のトレーニングをそれぞれ7種類、レベル別にご用意。(本誌P55掲載)

雑誌Tarzan/ターザン855号「食事で腹を割る」特集誌面

家の中でのフッキンや食事制限にマンネリを感じたら、広々とした公園へ出かけて新たな刺激を取り入れてみよう。器具を使ったり、跳んだり走ったりという有酸素運動も思う存分。(本誌P63掲載)

雑誌Tarzan/ターザン855号「食事で腹を割る」特集誌面

巷にあふれる、腹筋のウワサ、その真偽のほどは一体…? 百戦錬磨のトレーナー・澤木さんと、筋トレの科学的効果を検証するYouTuberのパーカーさんに聞いてみよう。(本誌P68掲載)

雑誌Tarzan/ターザン855号「食事で腹を割る」特集誌面

最新テクノロジーで鍛えたり、シックスパックに見せたり。81歳の驚きの腹筋から、ミス・ユニバース日本代表の腹筋まで。さまざまな情報を刺激に、腹を引き締めよう!(本誌P72掲載)

文/編集部

Share

関連記事:

Share