危険な血糖値スパイク。あなたは大丈夫?
衰え知らずのバストをつくる!
代謝を上げるには夜の過ごし方が重要だった⁉︎
血糖値を安定させるためにやりたいこと。
「太らない」糖質の摂り方の基礎知識。
体幹を鍛えるとどんないいことがあるの?
筋肉に効く、ゆっくり下ろす「エキセン」って?
痩せを取り巻く7つの危険信号とは?
  • 公開:

鍛えるシェフの筋肉レシピ:白身魚とたっぷりきのこのグリル焼き

白身魚とたっぷりきのこのグリル焼き

自身もトレーニングを行う“鍛えるシェフ”直伝の料理を紹介する「美味い筋肉レシピ」シリーズ。今回は〈炭手前 鷽〉店主・小峰太一さんに教えてもらった「白身魚とたっぷりきのこのグリル焼き」。

Share

小峰太一さん

小峰太一さん

教えてくれた人

〈炭手前 鷽〉店主。日本料理店〈淡悦〉で修業中に出会った仲間3人で、2016年東神田に〈あそび割烹 さん葉か〉を開業。18年に姉妹店の現店開店。炭火割烹のおまかせコースが楽しめる。

3年ほど前から筋トレを再開。日々の生活でもカラダを動かすことを意識している〈炭手前 鷽〉の小峰太一さんに、“ヘルシーお魚タンパク和レシピ”を教わった。

「最初にタラに塩を振ること。身も締まります。もう一つの主役、きのこはたっぷりと使い、レモンとハーブ塩のみで焼いてシンプルに味わってみてください」

白身魚とたっぷりきのこのグリル焼き

白身魚とたっぷりきのこのグリル焼き

材料(1人分)

  • タラ切り身…約160g
  • シイタケ…4個
  • エノキタケ…1/2袋(100g)
  • カットブナシメジ…1パック(80g)
  • 料理酒…大さじ1+小さじ1
  • レモン輪切り…4切れ
  • 塩…少々
  • ハーブ塩…少々

作り方

  1. バットに軽く塩を振りタラを乗せ、さらに上からも塩を振り、10分ほど置いて余分な水分と臭みを抜く。ペーパーでタラの表面を拭き、一口サイズに切る。
  2. シイタケとエノキタケはそれぞれ石突きを取り、半分くらいに切る。ブナシメジと合わせる。
  3. 耐熱皿に21の順に乗せる。上から酒を振り、レモンを乗せ、ハーブ塩を振る。
  4. オーブントースターか魚焼きグリルに3を入れる。中火程度の熱で様子を見ながら20分ほど焼けば完成(アルミホイルをかぶせて焼いても。時短&蒸し焼き風になる)。

ポイント

調理のポイント

きのこは焼くと小さく縮むので、耐熱皿にはきのこ、タラの順に乗せよう。

栄養ポイントはココ!

タラはほぼ脂肪を含まない高タンパク食材。きのこは種類によりビタミンB群のいずれかが豊富で、今回のようにMIXが○。また、きのこは腸内で発酵しやすい食物繊維が含まれるので、たっぷり使うのが腸活的にも吉。 by 管理栄養士・河村玲子さん

photos: Chihiro Oshima text: Noriko Ozawa nutrition supervision: Reiko Kawamura

初出『Tarzan』No.857・2023年5月25日発売

関連記事:

Share