手軽なものから本格派まで。自宅ジム化に必要なギア一覧。
「ハンドツイスト」でくびれを作ろう!
妊娠中にできる運動は?
カラダの背面を鍛えるなら、ブリッジはいかが?
自宅にあると心強い! プロが選んだ常備薬。
プッシュアップに慣れたら、強度を上げてみよう!
溜まった皮下脂肪は“6か月”で攻略しよう。
実はカラダに良くない! 筋トレ4つの間違いとは。
  • 公開:

鍛えるシェフの筋肉レシピ:マグロと香味野菜のぬた風

鍛えるシェフの筋肉レシピ:マグロと香味野菜のぬた風

自身もトレーニングを行う“鍛えるシェフ”直伝の料理を紹介する「美味い筋肉レシピ」シリーズ。今回は〈炭手前 鷽〉店主・小峰太一さんに教えてもらった「マグロと香味野菜のぬた風」。

小峰太一さん

小峰太一さん

教えてくれた人

〈炭手前 鷽〉店主。日本料理店〈淡悦〉で修業中に出会った仲間3人で、2016年東神田に〈あそび割烹 さん葉か〉を開業。18年に姉妹店の現店開店。炭火割烹のおまかせコースが楽しめる。

3年ほど前から筋トレを再開。日々の生活でもカラダを動かすことを意識している〈炭手前 鷽〉の小峰太一さんに、“ヘルシーお魚タンパク和レシピ”を教わった。

マグロと香味野菜のぬた風は「魚は下ごしらえが肝心。太ネギとニラを茹でた熱湯でマグロを“しゃぶしゃぶ”。すると臭みが抜けるうえ、香味野菜の香りがついて旨みも引き立ちます」

マグロと香味野菜のぬた風

鍛えるシェフの筋肉レシピ:マグロと香味野菜のぬた風

材料(1人分)

  • マグロ赤身(サク)…120g
  • 太ネギ(白い部分)…1/3本程度
  • ニラ…1/3束程度
  • からし酢味噌(市販品)…25g ※作る場合は、甘めの白味噌+酢+からし+砂糖各適量を混ぜ合わせる。
  • 塩…ひとつまみ

作り方

  1. 太ネギは食べやすい長さに切る。ニラはざく切りにする。
  2. 鍋に湯を沸かし、1の太ネギを入れて火が通ったら、ニラをサッと入れてザルに上げて水気を切る。上から塩を振る。
  3. 2の熱湯にマグロのサクをくぐらせて余分な脂と汚れを落としたら、流水で洗う。ペーパーで水気を拭き、キューブ状に切る。
  4. 器に3を盛り、2を添え、からし酢味噌をかける。

ポイント

調理のポイント

マグロを熱湯にくぐらせると、表面の余分な脂や汚れも取り除ける。サッとでOK。

栄養ポイントはココ!

赤身のマグロはタンパク質のほか、も豊富。ネギの白い部分はビタミンC、ニラは抗酸化力のあるβ-カロテンの宝庫。さらに、この一品は高タンパクなのに脂質が少ないので、お酒のアテにしても罪悪感なし!ですね。 by 管理栄養士・河村玲子さん

photos: Chihiro Oshima text: Noriko Ozawa nutrition supervision: Reiko Kawamura

初出『Tarzan』No.857・2023年5月25日発売

Share

関連記事:

Share