鍛えにくい背中を自宅でも刺激しよう!
内臓脂肪を減らす「油カット」10個のアイデア。
酔った時に食べ過ぎを防ぐためにできること。
プッシュアップに慣れたら、強度を上げてみよう!
空腹でランニングした方が痩せやすい?
症状別ペアストレッチで、運動不足の体を整える。
お腹周りも絞れる“自宅ピラティス”にトライ。
ダンベルを使いまくる王道19種目。
  • 公開:

鍛えるシェフの筋肉レシピ:ツナと大豆と玄米のサラダボウル

ツナと大豆と玄米のサラダボウル

自身もトレーニングを行う“鍛えるシェフ”直伝の料理を紹介する「美味い筋肉レシピ」シリーズ。今回は〈炭手前 鷽〉店主・小峰太一さんに教えてもらった「ツナと大豆と玄米のサラダボウル」。

小峰太一さん

小峰太一さん

教えてくれた人

〈炭手前 鷽〉店主。日本料理店〈淡悦〉で修業中に出会った仲間3人で、2016年東神田に〈あそび割烹 さん葉か〉を開業。18年に姉妹店の現店開店。炭火割烹のおまかせコースが楽しめる。

学生時代は柔道を経験。3年ほど前から筋トレを再開させた、炭火割烹料理店〈炭手前 鷽(うそ)〉の小峰太一さん。今回は変化球! 朝から運動へのモチベが上がる、“タンパクおしゃれ朝食”を提案。

ツナと大豆のタンパク源とともに玄米が摂れるサラダボウルは、「大豆は先にポリ袋に入れ、粗く押し潰しておきましょう。食感がよくなり、味もなじみます」。

ツナと大豆と玄米のサラダボウル

ツナと大豆と玄米のサラダボウル

材料(1人分)

  • ツナ缶(オイル漬け)…1缶(90g)
  • 蒸し大豆…1缶(110g)※水煮缶の場合は水を切る。
  • 玄米ご飯(市販パック)…1/3パック(50g)
  • 塩…小さじ1/3
  • ベビーリーフミックス…適量

作り方

  1. ツナ缶をザルに空けて油を切る。
  2. キッチン用ポリ袋(なければ保存袋やラップに包んでも)に大豆を入れ、上から手で圧をかけてざっくりと押し潰す。
  3. 2に、1、電子レンジで表示時間通り温めた玄米ご飯、塩を加えて、菜箸などでよく混ぜ合わせる。
  4. 器にベビーリーフミックス、3の順に盛り付ける。

ポイント

ツナと大豆と玄米のサラダボウル 調理のポイント

ポリ袋に入れた大豆を手で押しながら潰す。大豆を粗く砕く感じでOK。

栄養ポイントはココ!

カラダにとって朝食は大切。特にタンパク質は筋肉の分解を防ぐために必須。このツナと大豆と玄米のサラダは十分なタンパク質適量の糖質も摂れて◯。ちなみにタンパク質+糖質のコンビは体内時計のリセットにも有効。 by 管理栄養士・河村玲子さん

photos: Chihiro Oshima text: Noriko Ozawa nutrition supervision: Reiko Kawamura

初出『Tarzan』No.856・2023年5月11日発売

Share

関連記事:

Share