リモートワークで落ちた筋肉を劇的に復活させる下半身トレ。
肩甲骨の「クセ」を正して肩こりを改善!
割りづらい「腹筋の下部」にはこの2種目!
バランスボールを使えば、腹筋群を網羅的に鍛えられる。
お尻をほぐして、正しい「あぐら」で座れる体を作る。
ダイエッターにおすすめの焼き鳥10本。
有酸素系のフローヨガで運動不足を解消!
5種目30分でヒップアップを目指す!
  • 公開:

鍛えるシェフの筋肉レシピ:茹で豚 ピリ辛味噌ダレ卵黄付き

酒場食堂とんてき 大場恵さん 茹で豚 ピリ辛味噌ダレ卵黄付き レシピ

自身もトレーニングを行う“鍛えるシェフ”直伝の料理を紹介する「美味い筋肉レシピ」シリーズ。今回は〈酒場食堂とんてき〉の大場恵さんに教えてもらった「茹で豚 ピリ辛味噌ダレ卵黄付き」。

Share

酒場食堂とんてき 大場恵さん レシピ

大場恵さん

教えてくれた人

10代でサッカー選手を目指しクラブチーム入団。20代後半でフットサルに出合い、数チームで活躍。引退後、飲食の道へ。2018年、地元岐阜の料理を取り入れた〈酒場食堂とんてき〉開店。

サッカーやフットサルの選手だった、〈酒場食堂とんてき〉の大場恵さん。今回のトレメシは、岐阜県民なじみの赤味噌アレンジ

「故郷・岐阜は“赤味噌文化圏”。発酵食品でカラダにもいいですし、料理に使うとコクが出るのでいろんな使い方を知ってほしいです」

低脂肪高タンパクな豚ヒレ肉をよりさっぱり味わえる茹で豚には、豆板醬やラー油なども混ぜたちょいピリ辛の赤味噌ダレがマッチ。

卵黄も一緒につけて。運動後のエネルギー補給にぜひ!」 

茹で豚 ピリ辛味噌ダレ卵黄付き

酒場食堂とんてき 大場恵さん 茹で豚 ピリ辛味噌ダレ卵黄付き レシピ

材料(2人分)

  • 豚ヒレ肉(塊)…250g
  • 長ネギ(青い部分)…1本分
  • ショウガ…1かけ
  • レタス…適量
  • 卵黄…1個分
  • A
    • 赤味噌…小さじ2
    • 醬油…小さじ1
    • 酢…小さじ1
    • 豆板醬…小さじ1
    • 砂糖…小さじ1
    • ラー油…少々

作り方

  1. 鍋にヒレ肉がかぶるくらいの水を入れて沸かす。沸騰したらヒレ肉、長ネギ、ショウガを入れて弱火で5分ほど茹でて火を止め、蓋やラップをかけて放置し余熱で中まで火を通す(茹で汁は捨てず、別料理にだし汁として利用を。旨辛キムチスープに利用するのもおすすめ)。
  2. 味噌ダレの材料[A]をボウルで混ぜ合わせる。
  3. 皿に食べやすい大きさに切った1の肉を乗せ、レタスを飾る。2のタレを肉にかけ、卵黄を別器で添える。

ポイント

酒場食堂とんてき 大場恵さん 茹で豚 ピリ辛味噌ダレ卵黄付き レシピ

豚肉は5分茹でたら火を止め、蓋をして余熱調理を。しっとりおいしく仕上がる。

栄養ポイントはココ!

豚ヒレ肉は100g当たりのタンパク質量は鶏胸肉より高いです。さらに油を使わず、茹でる調理法でカロリーを抑えているのも良い点。卵の栄養(ビタミン類など)は卵黄に多く、赤味噌ダレと一緒に使うのは栄養的にも◎。by 管理栄養士・河村玲子さん

photos: Chihiro Oshima text: Noriko Ozawa nutrition supervision: Reiko Kawamura

初出『Tarzan』No.845・2022年11月2日発売

関連記事:

Share