• 鍛え始めは大学1年生の冬。いまや「宙吊りフッキンも朝飯前」|筋肉図鑑 vol.30(タレント・髙橋真帆)
COLUMN
2020.08.28

鍛え始めは大学1年生の冬。いまや「宙吊りフッキンも朝飯前」|筋肉図鑑 vol.30(タレント・髙橋真帆)

タレント・髙橋真帆

トレーニングの軌跡を偽りなく物語るもの、それが筋肉だ。『筋肉図鑑』では、さまざまなトレーニーの筋肉の裏側に迫ります。第30回は、“宙吊りフッキン”も朝飯前という、強い筋肉と愛らしいルックスの持ち主、髙橋真帆さん。

【今回の筋肉】髙橋真帆
タレント・髙橋真帆
身長154.0cm、体重43.8kg、体脂肪率20.5%、骨格筋量18.7kg。1999年生まれ。明治大学4年生。中学では陸上部、高校ではダンス部に所属。昨年NSCAのトレーナーの資格を取得。自身のYouTube『マホコワールド』ではフィットネス関連の動画を毎日アップ!

私のチャームポイントは腹筋! 筋トレでも一番力を入れてます。腹筋は最も結果が見えやすい部位ですし、筋トレを始めた当初からトレーナーAYAさんのかっこいい腹筋に憧れてます。最近は家トレ中心ですが、腹筋トレは1日おきに。また割れた状態を保つにはやっぱり有酸素運動が大事! 約6kmのランが日課で、今日も撮影前に走りました!

タレント・髙橋真帆
髙橋真帆さんの【腹直筋】/縦線が印象的な腹筋。「最近のお気に入りは2Lペットボトルを抱えて行う上体起こし。毎日200回やります!」。

鍛え始めたのは大学1年生の冬。芸能活動を始めたくて大学入学のタイミングで福岡から上京しました。学業の傍ら、オーディションをいろいろと受けていたのですが、ある審査員の方に「あなたには特徴が何もない」と指摘されて。資金がほとんどないけれど、“自慢できるもの”をどうやってつくろう? …そう考えた時、無料で使える学内のジムで筋肉を育もうと閃きました!

当時は体重45kg以上、腹筋なんて見えません。それでも継続した結果、体重以上に体組成が大きく変化。今のカラダは自己ベストです! 私にとって筋肉は自信をくれるアクセサリーのような、大切なものです。

タレント・髙橋真帆
髙橋真帆さんの【広背筋】/コロナ禍で大学のジムが閉鎖して早々に懸垂台を購入。「習慣的に懸垂するようになり、背中がめきめき発達中です」。

一から基礎知識を学びたい思いもあって、昨年トレーナーの資格を取得、自分でメニューを組んでます。私は洋服が映えるすらっとした脚やに惹かれるので、基本は低負荷&高回数。ただ在宅期間中に懸垂ができるようになってから「できなくなってないかな?」とそわそわして、毎朝懸垂を。自重を持ち上げる=高負荷なので日に日に背中が大きくなってますが…懸垂はできるのが嬉しすぎて、やめられないです!

タレント・髙橋真帆
髙橋真帆さんの【三角筋】/「三角筋を鍛えると袖がない服やTシャツを着こなせます」。500mlペットボトルを重りにサイドレイズなどで鍛える。

栄養の知識が増えてから食事に悩まなくなりました。朝昼晩、高タンパク低脂質なメニューを作ります。飲み会? 滅多に行きません(笑)。見た目だけでなく、めちゃくちゃ動けるカラダになりたい! フィットネス系のテレビ番組に呼んでもらうことが、目下の私の目標です!!

取材・文/門上奈央 撮影/大内香織

初出『Tarzan』No.793・2020年8月6日発売

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。