• 注目の「ケトルベル」を全身で制御して、脚・胸・腹を鍛え上げる!
TRAINING
2018.10.10

注目の「ケトルベル」を全身で制御して、脚・胸・腹を鍛え上げる!

20181010rm_20181006_743_14-1

いつもの自体重でのトレーニングに慣れてきたらケトルベルに挑戦。不安定な重心を制御できれば、気になる3部位により磨きがかかる!

西海岸あたりからブームが始まり、日本でも最近注目を浴びているケトルベル。

特徴はごらんの通りのやかん形シェイプ。一見、可愛らしいシルエットだがウェイトはゴツいダンベル以上。さらに、ダンベルはストレートなシャフトをきちんと持てば安定するが、やかんの取っ手のようなグリップは持つ位置によって重心の位置が変わる。逆にいえば、この不安定さを制御することによって全身トレになるというわけだ。

使い方は工夫次第。ぶんぶん振り回すのもよし、逆さまにしてバランストレを行うのもよし、丁寧に移動させてお腹をプルプルさせるもよし。

ケトルベル

20181006_743_13

一般的に男性の適正負荷は16㎏からといわれているが、最初から背伸びすると長続きしない。8㎏くらいからスタートしよう。

反動を使いつつ上下に振って脚を鍛える

スイング

20181006_743_14

両手でケトルベルを持ち、両足を広めに開いて立つ。膝を曲げて腰を落として両脚の間にケトルベルをセットしたら振り子の要領で前に振り出し、肩の高さでぴたっと止める。 10回×3セット。

厚い胸板をつくる最強トレーニング

ボトムアップ・プッシュアップ

20181006_743_15

ケトルベルを逆さまにし、グリップ部分を床につける。ボトム部分に両手を置いてのウデタテ。ナロウプッシュアップよりもさらに胸の中央に効かせることができる。胸の厚みが欲しい人は、ぜひチャレンジを。10回×3セット。

ツイスト動作で腹斜筋をいじめる

ロシアンツイスト

20181006_743_16

床に座って両膝を立てる。両手にケトルベルを持ち、両足を床から浮かせ、上体を45度くらいに後傾させる。脚の位置はそのまま、ヘソを軸に上体を捻ってケトルベルを左右に移動させれば、腹斜筋が悲鳴を上げる。10往復×3セット。

取材・文/石飛カノ 撮影/山城健朗 スタイリスト/山口ゆうすけ ヘア&メイク/大谷亮治 取材協力/白戸拓也(フージャース ウェルネス&スポーツ)

(初出『Tarzan』No.743・2018年6月14日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

雑誌『ターザン』763号