「最低限これだけは!」という自宅トレ2種目。
筋肉を刺激して、むくみを解消せよ!
痩せを取り巻く7つの危険信号とは?
冷えを感じたら、20の「温活」でポカポカ。
タンパク質補給は筋トレの前と後、どちらがよい?
ダンベルを使いまくる王道19種目。
空腹でランニングした方が痩せやすい?
体幹を鍛えるとどんないいことがあるの?
  • 公開:

星付きシェフが開発。スポーツ中の補給にぴったりなフランスの「エナジーピューレ」

バウー・オーガニック・ニュートリショナル

世界のフィットネスの話題をお伝えする「WORLD FITNESS NEWS」。今回は〈バウー・オーガニック・ニュートリショナル〉の美味な「エナジーピューレ」について。

星付きシェフが開発した最新エナジーピューレ

バーやピューレ、ドライフルーツミックスなど携行可能なエナジーフードを展開する〈バウー・オーガニック・ニュートリショナル〉は、ミシュラン2つ星レストラン〈メゾンブルー〉のシェフ、ヨアン・コンテ氏が開発に参画。

豊富に揃えたラインナップはどれも美味だと話題を集めている。そしてこのたび新フレーバーが登場。

主となる原料には良質な炭水化物とタンパク質を含むサツマイモを使用しているからスポーツライフにぴったり。

ニンジンゲランドの塩からは、ビタミンとミネラルを得られ、砂糖不使用かつグルテンフリーでもあり、食材に気を配るアスリートも安心して愛用できる。

モンブランを舞台とする山岳トレランレース『ウルトラトレイル・デュ・モンブラン』で3度優勝したランナー、グザビエ・テべナール選手も愛用中だ。

モンブランを舞台とする山岳トレランレース『ウルトラトレイル・デュ・モンブラン』で3度優勝したランナー、グザビエ・テべナール選手も愛用中だ。

よりエネルギーをキープするピューレは持ち運びに便利で、そっとポケットに忍ばせスポーツ中にエネルギーを補給するといったことも。それでいて“美味しい”とあって魅力は満載なのだ。

WRITER

KIDO MIYUKI/パリ在住歴21年。ウェブマガジン『memorandom.tokyo』で「今夜のワイン、明日のパン」を連載中。

edit: Takashi Osanai

初出『Tarzan』No.859・2023年6月22日発売

Share

関連記事:

Share