実はカラダに良くない! 筋トレ4つの間違いとは。
腹直筋狙いで腹を割る自体重トレをマスターしよう。
走ることが疲労回復につながる理由と気をつけるべきこと。
3ステップで「骨盤が原因の腰痛」を改善。
冷えを感じたら、20の「温活」でポカポカ。
基礎から学び直そう。大人のためのクロール講座。
骨盤を意識したウォーキングで腹を絞ろう。
ランニング後の疲労回復ストレッチ。
  • 公開:

若いニューヨーカーの間で護身術「クラヴマガ」ブーム到来?

クラヴマガ

世界のフィットネスの話題をお伝えする「WORLD FITNESS NEWS」。今回はニューヨークでレッスンを受ける人が増加中だという「クラヴマガ」について。

身を守る術と強い心を磨く「クラヴマガ」

パンデミック後、物騒なニュースの多いニューヨーク。ヘイトクライムも増加し、特に若い世代で護身術を習う人が急増している。

その中でも大流行中なのが「クラヴマガ」。イスラエルを起源とする、同国の軍や政府機関でも採用されている実戦型護身術だ。

ファウダ―報復の連鎖―』などイスラエル発のアクション系テレビドラマのヒットも後押しし、レッスンを受ける人が増えているのだとか。

チェルシーにある〈クラヴマガ・フェデレーション〉は、創始者イミ・リヒテンフィルドから直にトレーニングを受けたロン・ミズラヒが運営するジム

蹴りを受けた際、いかにボディバランスをシフトして避けるか。羽交い締めされたときには、どう腕を使って逃れるか、といった実戦的なディフェンステクをレクチャー。

“いざ”というときに臆せずサバイブする術と心構えを鍛えてくれる。

クラヴマガ

クラヴマガ

キッズクラスも実施。女性の参加者も増加中。クラス受講後に自分に自信がついたという声も多い。35ドル〜/1回。https://kravmagafederation.com/

WRITER/PRODUCER

HASEGAWA AZUMI/東京都出身、ブルックリン在住。日々のエクササイズは自転車でブルックリンとマンハッタンを往復することと、たまの平泳ぎ。https://www.azumihasegawa.com/

edit: Takashi Osanai

初出『Tarzan』No.854・2023年4月6日発売

Share

関連記事:

Share