摂取カロリーの目安を把握しよう。
痩せたいけど運動嫌い? なら“1日5分”の筋トレを。
内臓脂肪を減らす「油カット」10個のアイデア。
基礎から学び直そう。大人のためのクロール講座。
有酸素系のフローヨガで運動不足を解消!
初心者ランナーのプチトラブル解決策
鍛えにくい背中を自宅でも刺激しよう!
ランが続く人、続かない人は一体何が違うのか。
  • 公開:

特集「本当に効く 自体重トレ」。3月9日(木)発売の雑誌『Tarzan』(No.852)

雑誌Tarzan/ターザン852号「本当に効く自体重トレ」特集

『ターザン』852号(2023年3月9日発売)の特集は「本当に効く 自体重トレ」。健康的な筋肥大を狙うなら、自体重トレが最強だ! ポイントは、ゆっくり下ろす動作! 全身の筋量がアップする6種目を超厳選。

ポイントは、ゆっくり下ろす動作! 全身の筋量がアップする6種目を超厳選

特別な器具や場所は必要なし、準備もいらない。いつでも、どこでも、自分の体重のみを強度に実施できるのが、自体重トレーニング。

マシンを使わない筋トレでは、効率的なカラダ作りは難しいんじゃないの?

そんな声も聞こえてくるが、いやいや、自体重トレはきちんと行えば、関節などにも負担をかけないからケガもしにくく、実用的で使える、健康的な筋肥大ボディが手に入る最強メソッドなのだ。

そんな自体重トレの効果を確実なものとするべく、今回注目したのは、筋肉を「伸ばす」動き=「ゆっくりと下ろす」動作

筋量がアップする最重要ポイントである「ゆっくりと3秒かけて下ろす」動作
筋トレ初心者にも分かりやすく、丁寧に解説していく。

メニューは、スクワット、グルートブリッジ、レッグレイズをはじめ、全身の主要大筋群を狙った6種目に超厳選

それぞれ、基本メニューに加えて、効かない場合の対処法と、よりレベルアップさせるアドバンスト種目も紹介していく。

センター綴じ込み企画は、最近トレーニング遊具が増えてきた公園での外トレ提案。さらに後半では、完全栄養食としてトレーニーがいま注目の炊き込みご飯
自体重トレの質を高めるギア活用術いまさら聞けない素朴な疑問集なども紹介。

思い立ったら、すぐに実践できる、自体重トレの魅力をまるごと詰め込んだ一冊だ。

ページを一部ご紹介!

Tarzan 852号 立ち読み画像

この世で一番手軽に行えるボディメイクの方法、それは自体重トレと言ってもいい。特別な器具なしでも、健康的にエネルギー代謝を増やし、筋肥大することが十分可能なのだ。(本誌P12掲載)

Tarzan 852号 立ち読み画像

筋肉が鍛えられる収縮運動には、重量を持ち上げるようなポジティブ動作だけではなく、下ろす「ネガティブ動作」もある。重力まかせに下ろさないのがポイントだ。(本誌P16掲載)

Tarzan 852号 立ち読み画像

低負荷高回数の理論に則った自体重トレ6種目を紹介。動きのポイントを意識して「ネガティブ動作」に注力しよう。効かない場合の対処法や負荷を上げる方法も併せて解説!(本誌P19掲載)

Tarzan 852号 立ち読み画像

暖かい日も増えてきた今の時季は公園トレには絶好だ。普段と違う刺激を心身に入れ、日々の自体重トレに彩りを! 芸人・レイザーラモンHGさんもおすすめの理由は?(本誌P51掲載)

Tarzan 852号 立ち読み画像

自宅トレでカラダ作りをするならば、日々の食事が大切。おすすめなのが、簡単に栄養バランスを整えやすい炊き込みご飯。味と栄養を逃さず、“旨い”カラダ作りをしよう。(本誌P59掲載)

Tarzan 852号 立ち読み画像

せっかく自体重トレをするならば、その効果を最大限に享受したいもの。筋肉を効率よく鍛えるうえでの注意点から続けるコツまで、知っておくべき基本情報をラインナップ。(本誌P64掲載)

Tarzan 852号 立ち読み画像

トレーニング業界では、かねてから議論の対象となってきた負荷×回数の組み合わせ。最新の論文とエビデンスを基に、科学的に正しい方法で効果アップを狙おう!(本誌P68掲載)

Tarzan 852号 立ち読み画像

自体重トレの継続中にマンネリや停滞感を感じたら、ギアの導入も考えたい。ダンベルやケトルベルなどの負荷を高めるものではなく、自体重トレの質を高めてくれる活用術を紹介。(本誌P70掲載)

Tarzan 852号 立ち読み画像

お笑い芸人とパーソナルトレーナーの二足の草鞋を履くにしだっくすさんと〈いぬ〉太田さんが、マニアックな自体重トレクイズに挑戦。種目名から正しい動きを導き出せるか!?(本誌P74掲載)

3/9(木)発売・852号の表紙はこちら

雑誌Tarzan/ターザン852号「本当に効く自体重トレ」特集

Tarzan852号・特別定価710円

予約/購入はこちらから

文/編集部

Share

関連記事:

Share