「筋トレでダイエット」するならこの6つを心得よ。
5つのヨガポーズで“反り腰”を改善!
簡単体操で「正しい座り姿勢」に!
揺れる電車を活用して、体幹を鍛えよう。
「脇腹のボコボコ」を強調する種目。
鍛えにくい背中を自宅でも刺激しよう!
ランが続く人、続かない人は一体何が違うのか。
鍛えられた肉体美を眺めて、自らを奮い立たせる。
  • 公開:

ホルモン分泌をマネジメント。生体バランスを調節する「副腎」の活動

副腎

普段は気に留めることのない臓器の数々。けれど我々のカラダでは、こうした“マイナー”な存在の臓器たちが地下アイドルのごとく地道な活動を続け、日々の健康を支えてくれている。そこで、今回は綿密な仕切りでチームをマネジメントする全身の指揮官「副腎」にフォーカスし、その驚くべき機能や働きをフィーチャー。

教えてくれた人

山本健人さん(やまもと・たけひと)/京都大学医学部卒業。外科専門医、消化器病専門医、感染症専門医、がん治療認定医など。Twitter「外科医けいゆう」で情報発信。16万部ベストセラー『すばらしい人体』(ダイヤモンド社)ほか著書多数。

日々の健康を支えるマイナー臓器達

若さと元気があれば、普段は気に留めることのない臓器の数々。けれど我々のカラダでは、こうした“マイナー”な存在の臓器たちが地下アイドルのごとく地道な活動を続け、日々の健康を支えてくれている

今回は、ホルモン分泌に関わる「副腎」のキャラにフォーカスし、その驚くべき機能や働きをフィーチャー。加齢や病気にも負けないアイドルでいるため、気をつけたいポイントにも迫る。

綿密な仕切りでチームをマネジメントする全身の指揮官「副腎」

副腎

基本情報
    • 長さ4~6cm
    • 幅2~3cm
    • 厚さ約1cm
    • 重さ4~6g
    • 左右の腎臓の頭側に位置する

    活動エリア:日々の健康を支えるマイナー臓器の場所。副腎は腎臓の真上に位置する。

    左右の腎臓にそれぞれチョコンと帽子のように乗っかっているのが副腎。ただし腎臓とともに被膜に包まれてはいるものの、機能的には直接のつながりはなく独自路線を歩む。

    生きるのに必要な生体バランスを調節するホルモン分泌のジャンルでスゴ腕を発揮するアイドルなのだ。

    副腎

    副腎の組織は、内側の「髄質」と外側の「皮質」に分かれ、リリースするホルモンが異なる。それぞれ全身の機能を綿密にマネジメントするために精力的に働く、年齢を重ねても衰え知らずのタフさも持ち合わせている。

    ストレスに素早く反応し生体の機能をコントロール

    髄質と皮質は発生学的にそれぞれ成り立ちが異なり、前者は交感神経の細胞が変化したもの。アドレナリンやノルアドレナリンをリリースし、緊張時に血糖値を上昇させるなどで交感神経の働きをサポートしている。

    後者の副腎皮質は3層に分かれ、それぞれ異なるホルモンを分泌する多才ぶりを発揮。代表作がコルチゾールで、血糖値の上昇や血圧の維持、脂肪やタンパク質の分解・代謝などに働く、生命維持に必須のホルモンなのである。ただしプレッシャーにはちょっと弱く、過剰なストレスで分泌が増える「ストレスホルモン」としてメンタルへの影響が取り沙汰されている。

    また、腎臓に作用してナトリウムや水の再吸収を促すホルモンがアルドステロンだ。塩分の濃いラーメンを食べても血中のミネラルバランスを維持して血圧を調整できるのは、副腎の献身的な働きによるものだ。

    ステロイドはよく効くが、急に中止すると離脱症状が

    副腎

    副腎皮質が分泌するホルモンは「ステロイド」と総称され、その高い抗炎症作用が発見されて以来、これを応用した薬が広く治療に役立てられている。

    例えば前述のアルドステロンが不足するアジソン病という疾患でも、ステロイド製剤の投与が不可欠。しかし高濃度であるほど副腎の機能を下げるため、薬を急激に減らすと吐き気や倦怠感、⾎圧低下、低⾎糖などの離脱症状が表れる。

    中止の際は徐々に減薬することが必要だ。

    取材・文/オカモトノブコ イラストレーション/室木おすし

    初出『Tarzan』No.847・2022年12月15日発売

    Share

    関連記事:

    Share