溜まった皮下脂肪は“6か月”で攻略しよう。
筋トレ前のストレッチはこの4種目を!
空腹でランニングした方が痩せやすい?
プッシュアップに慣れたら、強度を上げてみよう!
「肩甲骨と背骨」を整えて、上半身トレを効率的に!
どうしてステロイドを使ってはいけない?
「猫背」はストレッチ&筋トレでリセット。
親子丼と牛丼、カロリーが低いのは?
  • 公開:

低糖質・高食物繊維の「新世代」ライスバーガー《BODY MAKE BURGER》

糖質は約78%オフで、食物繊維は一日の必要摂取量の120%以上。“新世代米”ともいえる低糖質米「TRICE(トライス)」を使ったバーガー《BODY MAKE BURGER》は、カラダ作りに励む人にこそトライして欲しい食べ応えと栄養バランスだ。

Share

糖質オフで食物繊維たっぷりの米粉由来バンズ

食べることが好きであれば、糖質制限がキツく感じる時もある。そんな栄養と気持ちのバランスをとってくれそうなライスバーガーが《BODY MAKE BURGER》。バンズに低糖質米《TRICE(トライス)》を使った、次世代のライスバーガーだ。

《BODY MAKE BURGER》のパッケージ画像

(写真右)焼肉:145g/1個、(写真左)ソイミート:170g/1個。《BODY MAKE BURGER お試し4個セット》(焼肉、ソイミート各2個)1,980円。《同・10個セット》(焼肉、ソイミート各5個)4,880円。冷凍・個包装。

《トライス》とは、国産米粉とトウモロコシ粉をはじめとする天然由来の原材料を使った無添加食品。通常のお米では、ごはん100gあたりの糖質は約36.8gに対し、トライスは100gあたり糖質8.1g(※AOAC方式にて算出)。

糖質は77.9%カットされていて、食物繊維が一食分でレタス10個分以上、1日の必要摂取量の120%以上を摂取できるのが特長だ。

パテには牛肉をつかった「焼肉」と大豆ミートをつかった「ソイミート」の2種類。タンパク質はソイミートなら21.6gとしっかり摂取できる。

バーガーの栄養成分
《BODY MAKE BURGER》の断面図

右・《BODY MAKE BURGER 焼肉》 カロリー223Kcal タンパク質6.19g、脂質9.35g、炭水化物46.28g、左・《BODY MAKE BURGER ソイミート》 カロリー268Kcal タンパク質21.649g、脂質7.59g、炭水化物55.90g

食物繊維レタス10個分以上

食物繊維はレタス10個分以上。

米粉を使用しているだけありライスバーガーならではの食べごたえもあり、燃焼に必要な糖質がありながら余分な脂肪はつかないバランス食だという。冷凍タイプでレンジでチンしてすぐ食べられるので、簡単に済ませたい朝食からトレーニング直後の補給といった間食などにも使えそうだ。

これまでの10個セットに加えて、焼肉とソイミートが各2個ずつ入った4個お試しセットが新発売。この機会にトライしてみたい。

INFORMATION

KBSコーポレーション

公式ページ

※2022年3月末までに購入した人にもれなくランナーマスクをプレゼントするキャンペーンを実施中。数量限定。なくなり次第終了。

文/本田賢一朗

Share