ダンベルを使いまくる王道19種目。
骨盤を意識したウォーキングで腹を絞ろう。
割りづらい「腹筋の下部」にはこの2種目!
糖質オフするなら餃子よりシューマイ。
運動前後で脱水しないコツは?
5種目30分でヒップアップを目指す!
「ハンドスタンド」自宅で肩が鍛えられる!
カラダの背面を鍛えるなら、ブリッジはいかが?
  • 公開:

イソフラボンが女性ホルモンの代わりになるってホントですか?(50代女性)

読者から寄せられた質問に、『ターザン』推薦の専門家がズバリ回答! 生理とカラダのお悩みには、レディースクリニック『イーク表参道』の副院長・高尾美穂先生が向き合います。今回は、更年期に差し掛かると気になる女性ホルモンについてのお悩み。

Share
今回の質問

イソフラボンが女性ホルモンの代わりになるってホントですか? 更年期によるイライラを抑えるために積極的に摂るようにはしているのですが、具体的な効果がわかりません。(50代女性)

イソフラボンをうまく代謝できない人もいる。

大豆イソフラボン自体が女性ホルモンの代わりになるのではなく、イソフラボンが代謝されてできる「エクオール」と呼ばれる成分が、女性ホルモンの一つであるエストロゲンのような作用をするといわれています。

大豆イソフラボンは“代謝する”という過程が必要であるうえに、腸内環境によってはエクオールに変換できない人も2人に1人います。なのでまずは、自分がエクオールを作り出せるカラダであるかどうかを、市販のキットでチェックしてみるといいかもしれません。

もしもイソフラボンを代謝できない体質だったとしたら、たくさん大豆を食べるよりも、サプリメントでエクオールを補充した方が効果を感じられるはずです。

エクオールは更年期症状が緩和されるほかにも、大じわが浅くなる、骨密度が緩やかに上がる、血管の弾力性が保たれるといった効果があります。エストロゲンが担う役割を補うことができるため、エストロゲンがすっからかんの状態になり骨密度か低下しやすい産後のお母さんにもおすすめします。

教えてくれた人
高尾美穂先生
高尾美穂(たかお・みほ)/ 女性のための総合ヘルスクリニック『イーク表参道』の副院長であり、産婦人科専門医・医学博士・婦人科スポーツドクター。文部科学省・国立スポーツ科学センターで女性アスリート育成・支援メンバーに選出されるなど、様々なアスリートの生活を支えている。2011年からは、株式会社ドームのアドバイザリードクターも努めている。

取材・文/黒澤祐美 イラストレーション/中島ミドリ

Share