<腸内環境

産まれたばかりの赤ちゃんの腸はビフィズス菌などの善玉菌が豊富だが、成長するにつれて腸内は変化し、善玉菌と悪玉菌 、日和見菌のバランスがとれていく。しかし、高齢化するとビフィズス菌が減って悪玉菌が急激に増加する。腸内環境は老化や生活習慣病、ストレスなどの影響を受けやすく、かつ体質や免疫力とも深く関わっている。腸内細菌のバランスをとりながら良い腸内環境を作ることはとても大事なのだ。

腸内環境の記事一覧

メンバーシッププログラムSTART! CLUB Tarzan