筋力アップを狙えるヨガポーズ4選。
まずは筋肥大しやすい部位TOP5から鍛えよう。
腹筋を割るために知っておきたい10のこと。
女性の更年期症状を和らげるためにできること。
ランニング後の疲労回復ストレッチ。
「太らない」糖質の摂り方の基礎知識。
健康診断前日の筋トレはNG。
膝に違和感を感じたら。やわらかい膝を手に入れる
  • 公開:

何を着て、走るか——ラン欲とギア欲を満たすスタイルサンプル

街中を走る男性

プルオーバースウェットパーカ13,090円、スウェットパンツ13,090円、スニーカー29,300円、以上ナイキ スポーツウェア、問い合わせ先:ナイキ WEBサイト/サングラス(オークリー)36,300円、問い合わせ先:ルックスオティカジャパン TEL:0120-990307。

選択は自由だからこそ、大事なのは気分。身に着けるだけでスイッチが入り、そのまま街に出ても映えるなら最高だ。ラン欲とギア欲を満たすスタイルを紹介する。

Set-up|どこにでも行けるユニフォームが必要だ

Run Tarzan Run ランニングウェア

ジャケット27,500円、パンツ16,500円、共にボアドストラタ、問い合わせ先:ボアドストラタ TEL:070-8933-3638/ネックウォーマー(ビーチフィールド)2,200円、問い合わせ先:プロップス ストア WEBサイト /スニーカー(ノルダ)42,900円、ダウンビートランニング WEBサイト サングラス(オークリー)36,300円、問い合わせ先:ルックスオティカジャパン WEBサイト

セットアップスタイルは、もはやスポーツマンの特権ではない。「ジム帰り?」なんて野暮なことを聞く人も令和にはいない。特別な機能は必要なくて、なるべくスモールブランドのものを選ぶと、ジョギング後のカフェでも胸を張っていられる。こちらは今季スタートの〈ボアドストラタ〉。スポーツブランドらしからぬ気の抜けたツートーンが洒落ているが、生地はしっかりストレッチの利いたコーデュラナイロン

Vest|手ぶらで走る気持ちよさたるや

Run Tarzan Run ランニングウェア

ランニングベスト(ルルレモン)16,800円、問い合わせ先:ルルレモン WEBサイト/3レイヤーアクセスシェル77,000円、トラックパンツ33,000円、共にディストリクトヴィジョン/スニーカー(ノルダ)42,900円、共にダウンビートランニング/キャップ(ベンジャミンエドガー)9,900円、問い合わせ先:ベクターショップ WEBサイト

色で遊ぶなら〈ルルレモン〉。淡い色使いが持ち味で、グレーのメッシュボディに、ライムイエローのパーツを合わせたランニングベストもラインナップ。こんなミニマルな見た目なのに、いたる所に便利な収納が隠されたかなりできるやつ。もちろん撥水に防風もバッチリ

Run Tarzan Run ランニングウェア

トレイルランニングベスト(サロモン)11,990円、キャップ(サティスファイ)13,200円、共にダウンビートランニング/ハーフジップトップス10,450円、ランニングタイツ13,530円、共にナイキ スポーツウェア、問い合わせ先:ナイキ WEBサイト/ショーツ(ゴールドウイン)14,300円、問い合わせ先:ゴールドウイン WEBサイト/スニーカー(サロモン)38,500円、問い合わせ先:サロモン WEBサイト/サングラス(オークリー)36,300円、ルックスオティカジャパン。

ガチなトレイルランナーからも信頼厚いベストも、見方によっちゃ手ぶらで走れる頼もしい相棒。胸のポケットには、付属のフラスクの代わりに、スマホや財布を収納するのも一つの手だ。とくに〈サロモン〉は定番中の定番。レイヤードも、バックスタイルも決まる。

Shorts|ショーツにこそ個性を

Run Tarzan Run ランニングウェア

ショーツ10,450円、Tシャツ7,150円、共にオークリー、問い合わせ先:ルックスオティカジャパン/ハーフジップトップス(ナイキ スポーツウェア)9,500円、問い合わせ先:ナイキ/ランニングタイツ(ゴールドウイン)14,300円、問い合わせ先:ゴールドウイン 。

シティランナーにとって、ショーツは顔そのもの。実際、走りに響くし、機能面も重要だ。ルーズなスタイルを愛する向きには、〈オークリー〉のテックショーツを。私服での登板回数も期待できそうなシルエットで、撥水性通気性にも優れているので、ガチランにも適任

Run Tarzan Run ランニングウェア

ショーツ(サティスファイ)33,000円、問い合わせ先:ダウンビートランニング、ユーズドの〈ナイキ〉のハーフジッププルオーバー26,180円、問い合わせ先:shinoclothingstore TEL:03-6416-8652/スニーカー(サロモン)38,500円、問い合わせ先:サロモン。

こちらは近頃のランニングカルチャーを牽引するパリの専門ブランド〈サティスファイ〉。肌触りのよいテックシルク素材を用いた本格仕様で、インナータイツの背面には“RUN”“AWAY”とプリントされていたり、裾タグが切り取れる仕様になっていたりと、芸も細かい。

ショーツ29,700円、ベスト99,000円、共にアワーレガシー、問い合わせ先:エドストローム オフィスTEL03-6427-5901、ハーフジップフリース46,200円、キャップ13,200円、共にサティスファイ、問い合わせ先:ダウンビートランニング、ランニングタイツ(ゴールドウイン)14,300円、問い合わせ先:ゴールドウイン原宿、スニーカー(サロモン)38,500円、問い合わせ先:サロモン。

短丈のナイロンベスト&ショーツは、スウェーデンのファッションブランド〈アワーレガシー〉から。膝上丈のミニマルな作りに、光沢感たっぷりなナイロン素材など、節々に匂い立つ品の良さは、いかにもデザイナーズブランドらしい。たまにはモードな気分でジョグ。

Waist bag & Wristwatch|これだけあれば問題ない

Run Tarzan Run ランニングウェア

腕時計《HUAWEI WATCH4》(ファーウェイ)65,780円、ファーウェイ /ウェストポーチ(ポロスポーツ)16,500円、問い合わせ先:グロウアラウンド WEBサイト /クルーネックスウェットシャツ11,660円、スウェットパンツ13,090円、共にナイキ スポーツウェア、問い合わせ先:ナイキ/スニーカー(ノルダ)42,900円、問い合わせ先:ダウンビートランニング。

何かと便利で、着こなしも引き締まるウェストバッグ。〈ポロスポーツ〉のものは蛍光グリーンがとにかく洒落ている。何を入れるか悩むが、スマホは必要ないかも。腕に着けた《HUAWEI WATCH 4》で、電話にSNSはもちろん、BGMも流せるから。歩数位置情報血中酸素レベルも表示されるし、最大14日間とバッテリーも長持ち。未来は腕の中にある。

Run Tarzan Run ランニングウェア

腕時計《Forerunner 265》(ガーミン)62,800円、問い合わせ先:ガーミン WEBサイト/ウェストポーチ6,270円、クルーネックプルオーバーシャツ19,800円、共にザ・ノース・フェイス、問い合わせ先:ゴールドウイン。

ランナー支持率が圧倒的に高い〈ガーミン〉の《Forerunner 265》。“すべての走る人に”をモットーに掲げるだけあり、自分に合ったトレーニング概要にヒント、リカバリータイムなど、ランにまつわるあらゆるデータを知らせてくれる、いわば、世界一小さなランニングコーチだ。これでカバーできない補給は、“ノース”のスリムなウェストバッグに忍ばせておこう。

Run Tarzan Run ランニングウェア

腕時計《DW-H5600MB-8JR》(カシオ)44,000円、問い合わせ先:カシオ計算機 WEBサイト/ウェストポーチ(ナイキ スポーツウェア)6,050円、問い合わせ先:ナイキ/ナイロンジャケット(ゴールドウイン)53,900円、問い合わせ先:ゴールドウイン。

〈カシオ〉の定番《DW-5600》系もランナー向けに変貌。搭載された光学式心拍センサーによって、最大酸素摂取量心拍数歩数消費カロリーを計測。専用アプリと連動すれば、ランニングデータを管理&記録できるという優れものだ。合わせた〈ナイキ〉のウェストバッグも、U字形ジッパーのおかげで荷物の出し入れが即座に行える便利な代物。

Hairband & Earphone|顔まわりはすっきりいこう

Run Tarzan Run ランニングウェア

イヤホン《HUAWEI FreeClip》(ファーウェイ)27,800円、問い合わせ先:ファーウェイ WEBサイト/ヘアバンド(ビーチフィールド)2,500円、問い合わせ先:プロップス ストア。

一口にオープンイヤー型といっても、種類は豊富。スープラフリース使いのヘッドバンドに合わせるのは、アクセサリーのような〈ファーウェイ〉のイヤーカフ型。激しいランニング中でもずり落ちる心配がなく、重さも5.6g! だから、長時間着けていてもものすごく快適なのだ。

Run Tarzan Run ランニングウェア

イヤホン《OPENFIT》(SHOKZ)24,880円、問い合わせ先:SHOKZ WEBサイト/ヘアバンド(ロイフトフォイヤー)3,190円、問い合わせ先:ランチキセントリューム東京 WEBサイト

汗止めにもなるヘアバンドは、髪の長さに関係なくハマるワイド幅がベスト。さらに“ながら聴き”できるオープンイヤー型イヤホンなら、周りに気を配りつつ、安全に走れる。こちらは骨伝導イヤホンのパイオニア〈SHOKZ〉が初めて出したワイヤレス型。デザインもクール。

Run Tarzan Run ランニングウェア

イヤホン《WB-E1》(AVIOT)21,890円、問い合わせ先:AVIOT WEBサイト/ヘアバンド(ビーチフィールド)2,200円、問い合わせ先:プロップス ストア。

日本発〈アビオット〉の《オープンピース エリート》はネックバンド方式を採用。骨伝導で音を伝える仕組みが新感覚で、本体にマイクが搭載されているので、ラン中に仕事の電話が入っても大丈夫。ストイックなブラックカラーも、ネオンイエローのヘアバンドと相性抜群。

Sunglasses|目にはブレない強さを

Run Tarzan Run ランニングウェア

サングラス《Flak®2.0 XL Re-Discover Collection》(オークリー)38,940円、キャップ(ゴールドウイン)7,700円、問い合わせ先:ゴールドウイン/Tシャツ(オークリー)7,150円、問い合わせ先:ルックスオティカジャパン TEL:0120-990307/ハーフジップトップス(ナイキ スポーツウェア)9,500円、問い合わせ先:ナイキ。

サングラスといえば、〈オークリー〉。普段ならば《フロッグスキン》や《ラッチ》などクラシックモデルを選ぶが、気合を入れるなら、レーシーな一本を。こちらは、プリズムレンズにSFチックなフレームを合わせた《Flak®2.0》。走ってもブレない強さが自慢で、どんなにしんどい状況でも常にポーカーフェイスを気取れる。

edit: Koji Toyoda photo: Ryohei Ambo styling: Kazuro Sanbon grooming: AMANO

初出『Tarzan』No.874・2024年2月22日発売

Share

関連記事:

Share