腹筋を割るために知っておきたい10のこと。
血糖値を安定させるためにやりたいこと。
自宅でプルプル二の腕を引き締める。
自宅でメリハリ美脚を作るための最適解は?
筋トレの効果を高めるなら、この3つのサプリ!
筋肥大に◎筋トレでテストステロンの分泌を促す。
代謝を上げるなら「大筋群と埋蔵筋」を鍛える!
デスクワークで凝り固まった肩へ3ステップアプローチ。
  • 公開:

【棚橋弘至・連載】第31回:今年はもうチートデイなし。背水の陣でまずは宣言!

【棚橋弘至・連載】第31回

©️新日本プロレス

新日本プロレス「100年に一人の逸材」棚橋弘至が綴る、大胸筋のように厚く、起立筋の溝のように深い筋肉コラム。第31回のテーマは「年始に向けた調整法」について。

1.4東京ドームはシン・棚橋で入場したい

今年も残すところ3か月となりました。早いですね。ねぇ、早いですわね。オホホ。でも、まだ3か月ありますわ。オホホ。と、悠長に構えていたいところではありますが、そうも言っていられません

年間を通して試合のあるプロレスという競技は、本来、オンの状態、つまり、いつ見られてもいいようにカラダを仕上げておきたいわけです。しかしながら、それがなかなか難しく、特にコロナ禍に突入して以来、ここ3年間は、思うように体重コントロールができずにもがいております。

加齢による代謝の低下も原因ではありますが、その調整法に問題があるのは自分でも分かっていて、そう、つまり、食べ過ぎが原因ですね。

もう、あっという間に、年始の1.4東京ドーム大会が来てしまう。そうなんです。そこに、ピタリとアジャストしたいのです。

多くの皆さんの前で、シン・棚橋が、ド派手に入場!ああ、理想ですね。筋肉のセパレーションが出て、二頭筋には血管も走り、肝心の腹筋もボコボコ! ええ、キャー♪ですね。

今までやってきた調整法を捨ててみるか…?

と、こうした絵は見えているので、あとは何をどうやって、そこのゴールに辿り着くか? 考えられるのは、今までやってきた調整法を一回捨てる。そうですよね。上手くできていないのなら、捨てるのも勇気。そして、新しい方法を考えていく。

…でも、3か月しかない状態で無策で突入するのは、あまりにリスキー過ぎる。誰かに指示を仰ごう。名案!プロのコンディショニングを学ぼう。

しかしながら、知り合いに、コンテストで活躍するビルダーやフィジィーカーの方はいらっしゃらない。どうする!早くもピンチ!こうなったら、インスタグラムのダイレクトメッセージで、直接お願いするとか…。

初めまして、突然のご連絡申し訳ありません。ワタクシ、新日本プロレス「100年に一人の逸材」棚橋弘至と申します。ここ3年間、思うように体重コントロールができていません。何卒、お力をお借りできないでしょうか?

これを、有名な方々に、送る。怪しまれるだろうか? 怪しまれるよね。困った。もう打つ手がない! 何をやっても上手くいかない、食べてる系ダイエッターと同じだ。まぁ、こうしてアタフタはしていますが、同年代の希望の星になるべく、決意は今のところ固いです。

残された時間は、残り3か月弱。やる気は見た目から。言葉よりも雄弁に語る肉体。浮上のキッカケもきっとここにある。

まずは棚橋、睡眠時間を確保します!

あと、なかなか体脂肪が落ちない理由として思いつくのは、睡眠時間が異常に短いこと。皆さんは、ちゃんと眠れていますか? 僕は平均睡眠時間が4時間くらいなので、せめて6時間くらいは寝たいのよ。

つまり、僕がやるべき事は、正しい食生活と、正しい生活のリズムを取り戻す事。これさえできれば、自然と理想の体型に。

体型とは、その人の生活を写す鏡のようなもの。棚橋の体型が乱れているということは、生活スタイルが乱れてしまっているということなのです。1日も早く、仕上げなければ。

ベルト戦線に絡んでいくための最低条件は、コンディション! 技術! スタミナ! コスチューム! etc…。これらが揃ってこそのトップ選手。カラダ作りもそうですよね。トレーニング。栄養。休息。どれが欠けても、筋肉は育ちにくくなります。

せっかくトレーニングをハードにしても、食事に気をつけていても、睡眠が取れていなかったのは、痛かったですね。「生まれてから疲れた事がない」とは言っていますけれども、しっかり眠ることにします。もう一度、言いますが、カラダ作りの基本ですからね。


こうして、基本に立ち帰ることで見えてきた「ロードトゥー東京ドーム」への一筋の光。期待していいのかって? もちろん。逸材に二言なし。来年のドームは、シン・棚橋に会えるのを楽しみにしていて下さい。

追加の公約として、今年はもう…チートデイなし!

はい!言いましたとも。やってやります!その代わりと言ってはなんですが、ドーム大会が終わったら、盛大なチートウィークに入ります(笑)。

棚橋弘至

たなはし・ひろし/1976年生まれ。新日本プロレス所属。立命館大学法学部卒業後、1999年デビュー。低迷期にあった同団体をV字回復に導き、昨今のプロレスブームをリング内外の活動で支える。

本連載『モテ筋肉でいいじゃないか』は毎月・第2金曜日に公開予定。次回は、2023年11月10日(金)に公開予定です。

Share

関連記事:

Share