オールアウトとは?自宅トレで限界に挑め!
まずは筋肥大しやすい部位TOP5から鍛えよう。
筋肉に効く、ゆっくり下ろす「エキセン」って?
体幹を鍛えるとどんないいことがあるの?
ダンベルを使いまくる王道19種目。
ダイエッターにおすすめの焼き鳥10本。
細マッチョになりたいない、短距離ラン!
「脇腹のボコボコ」を強調する種目。
  • 公開:

鍛えるシェフの筋肉レシピ:牛しぐれとチーズのおむすび

牛しぐれとチーズのおむすび

自身もトレーニングを行う“鍛えるシェフ”直伝の料理を紹介する「美味い筋肉レシピ」シリーズ。今回は〈美菜屋〉代表・浅野美奈弥さんに教えてもらった「牛しぐれとチーズのおむすび」。

モデル 〈美菜屋〉代表 浅野美奈弥さん

浅野美奈弥さん

教えてくれた人

モデル、〈美菜屋〉代表。2016年頃から健康を意識、ランニングと食の勉強を始める。19年にケータリングサービス〈美菜屋〉開業。ランコミュニティ〈GO GIRL〉をタレントの三原勇希さんと主宰。

フルマラソンは11回、トライアスロンは3回出場。女性限定ランコミュニティを主宰する、モデルで〈美菜屋〉代表の浅野美奈弥さん。ラン後においしくエネルギーチャージできるレシピを教わった。

「おむすびは、玄米ご飯に牛しぐれとチーズを混ぜてタンパク増し。牛しぐれは煮るだけで簡単に作れるので試してみてください」

牛しぐれとチーズのおむすび

牛しぐれとチーズのおむすび

※栄養成分は1人分で計算

材料(2人分)

  • 牛こま肉… 100g
  • ショウガ… 1片
  • A
    • 酒…大さじ2
    • 砂糖…大さじ2
    • 醬油…大さじ2
    • チーズ(6Pチーズ可)… 1個(17g)
    • 小ネギ… 1本
    • 海苔(おにぎり用。巻きやすいサイズにカッ ト)… 1枚
    • 玄米ご飯(市販パックご飯可)… 200g

作り方

  1. ショウガは千切りにし、牛肉は細かく切る。チーズはダイスカットにし、小ネギは刻む。
  2. フライパンに1の牛肉、ショウガ、牛しぐれの調味料[A]を入れ、煮汁がなくなるまで煮詰める。
  3. ボウルに玄米ご飯、21のチーズ、小ネギを入れて混ぜる。
  4. 3を適量ずつ、俵形に握る。それぞれに海苔を巻く。

ポイント

調理のポイント

牛しぐれを作る際は牛肉を手早くほぐしながら、汁気がなくなるまで煮詰めよう。

栄養ポイントはココ!

ラン後はカラダの中で枯渇した糖質(グリコーゲン)をなるべく早く補給し回復させるのが吉。このおむすびは玄米から糖質ビタミンE、牛しぐれの牛肉から筋肉のエネルギー源となる必須アミノ酸・BCAAも補えますね。 by 管理栄養士・河村玲子さん

photos: Chihiro Oshima text: Noriko Ozawa nutrition supervision: Reiko Kawamura

初出『Tarzan』No.858・2023年6月8日発売

Share

関連記事:

Share