簡単体操で「正しい座り姿勢」に!
肩がガチガチなら、肩甲骨ほぐし。
体幹を鍛えるとどんないいことがあるの?
「大胸筋の中央」を深掘りするトレーニング。
冷えや便秘、不眠まで。ありがち不調に効く7つのツボ。
1分で疲れを解消する前腕マッサージ&ケア。
「脇腹のボコボコ」を強調する種目。
肥満タイプをチェック!あなたはどのタイプ?
  • 公開:

鍛えるシェフの筋肉レシピ:チキン豆乳スープ

チキン豆乳スープ

自身もトレーニングを行う“鍛えるシェフ”直伝の料理を紹介する「美味い筋肉レシピ」シリーズ。今回は〈美菜屋〉代表・浅野美奈弥さんに教えてもらった「チキン豆乳スープ」。

〈美菜屋〉代表・浅野美奈弥さん

浅野美奈弥さん

教えてくれた人

モデル、〈美菜屋〉代表。2016年頃から健康を意識、ランニングと食の勉強を始める。19年にケータリングサービス〈美菜屋〉開業。ランコミュニティ〈GO GIRL〉をタレントの三原勇希さんと主宰。

フルマラソンは11回、トライアスロンは3回出場。女性限定ランコミュニティを主宰する、モデルで〈美菜屋〉代表の浅野美奈弥さん。ラン後においしくエネルギーチャージできるレシピを教わった。

チキン豆乳スープは「動物性と植物性両方のタンパク質が摂れる“食べるスープ”。ダシは玉ネギと鶏肉、シメジを炒めて引き出した旨味に味噌を加えてナチュラルで優しい味に。スープポットに入れて、ラン&ランチにもぜひ」。

チキン豆乳スープ

チキン豆乳スープ

※栄養成分は1人分で計算

材料(2人分)

  • 鶏胸肉…200g(※皮は好みで。栄養計算は皮なしの場合)
  • 玉ネギ… 1/2個
  • ブロッコリー… 1/2房
  • シメジ… 1袋(100g)
  • 調製豆乳… 300ml
  • 水… 300ml
  • 味噌…大さじ2
  • 塩…ひとつまみ
  • オリーブオイル…大さじ1

作り方

  1. 玉ネギは千切りにし、ブロッコリーは食べやすい大きさにカット。鶏胸肉は一口大に切る。
  2. 鍋にオリーブオイルをひいて、玉ネギがしんなりするまで中火程度で炒める。続けて鶏胸肉、シメジを入れ、肉に火が通るまで炒める。
  3. 水を加えて10分ほど加熱したら、味噌を溶き入れブロッコリーを入れる。ブロッコリーに火が通ったら弱火にし、豆乳を入れて沸騰直前で火を止め、塩を加えて味を調える。

※冷蔵庫で3〜4日ほど保存可

ポイント

調理のポイント

豆乳は分離しないように最後に加えよう。その後、沸騰させないように注意を。

栄養ポイントはココ!

運動直後は消化に負担がかからないものが適しているので、食べやすいスープは○。また、豆乳はアミノ酸スコアが100と高い大豆が原料なので、タンパク質のちょい足しにgood。牛乳よりやや低脂肪なのもうれしいですね。by 管理栄養士・河村玲子さん

photos: Chihiro Oshima text: Noriko Ozawa nutrition supervision: Reiko Kawamura

初出『Tarzan』No.858・2023年6月8日発売

Share

関連記事:

Share